2021-07-15

医療・健康

新型コロナウイルス感染症に対する全自動遺伝子検査システムを開発しました

新型コロナウイルス感染症に対して大量検査が可能な全自動遺伝子検査システムを開発し、その有用性を実証した。
医療・健康

弾性圧迫グローブ・ストッキングを用いた圧迫療法による化学療法誘発性末梢神経障害発症軽減の臨床研究を開始します

タキサン系抗がん剤投与後の副作用で患者の生活にダメージを与えている化学療法誘発性末梢神経障害(CIPN)の予防・軽減を目的とした乳がん患者に対する臨床研究を開始します。
医療・健康

アインシュタインの光電効果をがん細胞の中で再現 放射線治療への新展開

がん細胞内にヨウ素元素を含むナノ粒子を取り込ませ、これにX線を当てることで、がん細胞のDNAを切断し、細胞死を誘導できることを明らかにした
医療・健康

ヒストンメチル化による自閉症の新しいメカニズムを発見―自閉スペクトラム症の治療薬開発に役立つ可能性―

自閉スペクトラム症(自閉症、ASD)でヒストンH3のメチル化に関連する「SUV39H2遺伝子」に機能喪失を来すアミノ酸変異を見いだし、ヒストンメチル化の異常が自閉症に関連するメカニズムを発見した。
医療・健康

好酸球性消化管疾患における症状の現れ方の大規模調査を実施 好酸球性胃腸炎では、5歳~17歳の小児期発症において「持続型」が75%

厚労省指定難病である好酸球性消化管疾患において、症状がどのように現れるのか(自然歴)を調べる大規模調査を行った。
有機化学・薬学

ワクチンと感染では作られる抗体の質が異なることを発見 -変異型ウイルスに対するワクチン開発への応用に期待-

インフルエンザウイルスに対する免疫反応がワクチン接種とウイルス感染では異なることを発見し、経鼻感染の方がワクチン接種よりも質の高い中和抗体である「広域中和抗体」が産生されることを明らかにした。
医療・健康

「橋渡し研究推進センター」を開設基礎研究シーズと医療の現場のニーズを結びつけ、革新的ながんの診断・治療・予防開発をサポート

医薬品・医療機器等の橋渡し研究を支援してきた各部局の専門家が横断的に集まる「橋渡し研究推進センター」を開設した。国立がん研究センター各部局のノウハウを集約し、国内外の優れた基礎研究の成果を、実用化に向けた臨床開発へシームレスに展開する新組織。
医療・健康

酢酸による免疫グロブリンAの機能制御―腸内細菌の制御につながる新しい分子メカニズムの解明―

腸内細菌の主要な代謝物である「酢酸」が「免疫グロブリンA(IgA)」の細菌反応性を変化させることで腸内細菌の制御に関与することを発見した。
医療・健康

低ホスファターゼ症小児患者を対象とした高純度間葉系幹細胞(REC-01)移植の治験開始

生まれつき骨形成が困難な難病である低ホスファターゼ症小児患者を対象に、骨分化能が高い高純度間葉系幹細胞製剤(REC-01)を移植する新しい治療法について安全性、有効性を評価する医師主導治験を開始する。
医療・健康

平面状の細胞シートが立体的に 細胞が自分の力でシートを3次元化 ~臓器表面にフィットする移植治療用細胞シートへの応用に期待~

イオンビーム加工技術を駆使し、細胞が接着面を引っ張るごく小さな力で容易に変形する「フレキシブル細胞培養薄膜」を開発。細胞を薄膜表層に接着させ、細胞の移動によって表層を引っ張り基板から剥離させて、ヒダや突起のような3次元(3D)構造を持った「3D細胞シート」を作らせることに成功。
ad
タイトルとURLをコピーしました