2022-09-27

医療・健康

COVID-19患者の尿中に排泄される脂質代謝物の発見~簡便かつ迅速な検査キットの開発に向けて~

2022-09-26 東京大学 発表者 木田 美聖(東京大学大学院農学生命科学研究科 応用動物科学専攻 博士課程) 中村 達朗(東京大学大学院農学生命科学研究科 応用動物科学専攻 特任講師:研究当時) 小林 幸司(東京大...
医療・健康

熱帯夜による睡眠障害の被害は熱中症に匹敵することが判明

2022-09-27 東京大学 発表のポイント ◆毎日の睡眠の質を計測する自記式質問票を開発し、日本の夏の都市部における住民の睡眠の質を調査しました。その結果、日最低気温が25℃を上回ると睡眠は悪化し、睡眠障害の被害(健康ロス)は、熱中...
医療・健康

小児悪性脳腫瘍において新規の遺伝子異常を発見 発症メカニズム未解明の髄芽腫の治療開発に向けた基礎研究の大きな一歩~Nature誌に論文発表~

2022-09-27 国立がん研究センター 発表のポイント 小児悪性脳腫瘍である髄芽腫(ずいがしゅ)のうち約60%の症例では、発症メカニズムが解明されていないため、有効な治療法の研究開発が進んでいませんでした。 国際共同研...
有機化学・薬学

研究内容: 見落とされがちな糖鎖という分子がCOVID-19スパイクタンパク質の機能を制御していることを発見(Study: Often overlooked, molecules called glycans regulate COVID-19 spike protein function)

2022-09-26 バッファロー大学(UB) 研究チームは、N型糖鎖と呼ばれる糖鎖のサブセットを分析し、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質に結合しているN型糖鎖に着目した新しい研究を行った。その結果、これらのN型糖鎖のうち、特にN...
生物工学一般

長期的な記憶は、繰り返しだけでなく、順序の問題である(Long-Term Memories a Matter of Order—Not Just Repetition)

記憶形成の新たなメカニズムを発見 Study Reveals Newly Discovered Nuances of Memory Formation 2022-09-26 ニューヨーク大学 (NYU) NYU scienti...
生物化学工学

若い遺伝子は古い遺伝子よりも早く適応することが研究で明らかになった(Study shows that young genes adapt faster than old ones)

2022-09-22 サセックス大学 サセックス大学とマックス・プランク進化生物学研究所の共同研究により、遺伝子の年齢がその適応速度を決定することが示され、遺伝子の進化が時間の経過とともに「適応的歩行」として起こることが実証された。 シ...
生物工学一般

私たちの感覚と思考を結びつけるものが特定される~神経科学者が脳の高度な働きのプロセスを発見(UCI study IDs what brings our senses and thoughts together.Neuroscientists discover process behind brain’s high-level work)

2022-09-26 カリフォルニア大学校アーバイン校(UCI) 私たちの思考、判断、記憶などの能力は、脳の大脳新皮質から生み出されています。このたび、カリフォルニア大学アーバイン校の神経科学者が、これらの機能の背後にあるメカニズムの重要...
生物工学一般

植物の根が重力に逆らって伸びるのはなぜか?4つの遺伝子を特定(What keeps plant roots growing toward gravity? Study identifies four genes)

2022-09-26 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 発芽した種子を横向きにすると、ある根は突然重力に向かって急旋回するが、別の根は数分の一の速度で回転する。研究チームは、マシンビジョンを用いて、数千本の苗の根の重力屈性の微妙な違い...
ad
タイトルとURLをコピーしました