2022-09-07

有機化学・薬学

クマムシ耐性タンパク質によるストレスに応答した細胞の硬化~究極生命体に向けて – カーズ(CAHS)タンパク質の働き~

2022-09-07 東京大学 田中 彬寛(生物科学専攻 博士課程) 中野 智美(生物科学専攻 修士課程(研究当時)) 尾山 大明(東京大学医科学研究所 准教授) 柳澤 実穂(東京大学大学院総合文化研究科 准教授) 國枝 武和...
医療・健康

骨形成に必須の転写因子 Runx2 によるゲノム DNA の制御機構が明らかに~DNA 設計図に基づく骨の発生機構の理解に向けて~

2022-09-07 東京大学 1. 発表者: 北條 宏徳(東京大学 大学院医学系研究科 附属疾患生命工学センター臨床医工学部門 准教授) 鄭 雄一(東京大学 大学院医学系研究科 附属疾患生命工学センター臨床医工学部門 教授) ...
医療・健康

簡単な血液検査でCAR-T細胞療法の神経毒性合併症を予知できる(Simple blood test predicts neurotoxic complications of CAR-T cell therapy)

高リスク患者を特定することで、がん医療を改善できる可能性がある Identifying high-risk patients could improve cancer care 2022-09-01 A new study f...
医療・健康

複雑な分子間相互作用をシミュレーションする技術により、がんやCOVID-19などの疾患に対するより良い治療法につながる可能性がある。(Technology that simulates complex molecular interactions could lead to better treatments for diseases like cancer and COVID-19)

研究者たちは、専門家でなくても利用できるように「MVsim」アプリを設計した Researchers designed the ‘MVsim’ app to be accessible for non-experts 2022-09-0...
細胞遺伝子工学

SARS-CoV-2タンパク質の変異を数学的に予測することに成功(Using math to predict SARS-CoV-2 protein mutations)

2022-09-06 オークリッジ国立研究所(ORNL) オークリッジ国立研究所、テネシー大学チャタヌーガ校、タスキーギー大学の研究者は、数学を用いてSARS-CoV-2のスパイクタンパク質のどの領域が最も変異しやすいかを予測した。 研...
医療・健康

軽症のSARS-CoV-2感染後の長いCOVID:持続的な心臓の炎症が心臓の症状を説明する可能性(Long COVID after mild SARS-CoV-2 infection: persistent heart inflammation might explain heart symptoms)

2022-09-06 フランクフルト大学 研究チームは、SARS-CoV-2感染から回復し、以前に心臓疾患の既往がない約350人の研究参加者を追跡調査した。その結果、半数以上の被験者が、ほぼ1年後も運動不耐性、頻脈、胸痛などの心臓の症状を...
医療・健康

自然はどのように脳を育むのか?(How does nature nurture the brain?)

自然の中を1時間歩くと、ストレスに関連する脳の活動が低下するとの研究結果 Study shows that a one-hour walk in nature reduces stress-related brain activity ...
ad
タイトルとURLをコピーしました