2022-09-23

生物化学工学

コアラのおしりを徹底解剖!~神経分布から筋を特定・前世紀以来の解剖記述不一致を解消~

2022-09-22 京都大学 哺乳類の中には、我々ヒトを含む有胎盤類と有袋類がいます。有胎盤類と有袋類はそれぞれ生息する環境に適応し、さまざまな形態を獲得してきました。系統的に離れているにもかかわらず進化過程で独立して似たような形態...
医療・健康

皮膚の奥の神経が肌のシミ形成に影響、重要な働きを担う因子も同定

2022-09-21 東京大学 ○発表者: 池内 与志穂(東京大学 生産技術研究所 准教授) 周   小余(東京大学 生産技術研究所 特任研究員) 中山  和紀(ポーラ化成工業株式会社 フロンティアリサーチセンター 研究員) ...
有機化学・薬学

細胞同士の相互作用を1細胞解析するための光反応性表面を開発~がん免疫療法への応用に期待~

2022-09-22 東京大学 1.発表者: 山口 哲志(東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 准教授) 岡本 晃充(東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 教授) 小阪 高広(東京大学 大学院工学系研究科...
有機化学・薬学

二刀流センサーで細胞を光らせろ! ~ 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発~

2022-09-23 東京大学 朱 文超(化学専攻 博士課程) 竹内 志織(化学専攻 修士課程) 今井 渉世(理学部 化学科4年 ) 寺井 琢也(化学専攻 特任准教授 ) ロバート・アール・キャンベル(化学専攻 教授/アルバー...
生物環境工学

腸内細菌は、全く異なる食事をするクマが同じ大きさになるのを助ける(Gut Microbiomes Help Bears With Very Different Diets Reach the Same Size)

2022-09-22 ノースカロライナ州立大学(NCState) アラスカヒグマ(Ursus arctos)の腸内細菌に関する最近の研究から、クマの腸内の微生物生態によって、大きく異なる食事をしながら同等の体格と脂肪蓄積量を達成できること...
医療・健康

マイクロチップにより、血液中のコビド抗体を電子的に検出可能(Microchip Can Electronically Detect Covid Antibodies in Just a Drop of Blood)

2022-09-21 ジョージア工科大学 指を刺して出る一滴の血液。シンプルな電子チップ。そして、スマートフォンに表示される検査結果は、COVID-19感染症やHIV、ライム病などの診断につながる可能性がある。 標準的な実験手法の基本化...
医療・健康

脳をスキャンして見せてくれたら、本当の年齢を教えてあげるわ。(Show me your brain scan and I’ll tell you how old you really are)

MRI画像の電子的比較により、病気の早期発見に新たな可能性 Electronic comparison of MRI images opens up new possibilities for early detection of dis...
ad
タイトルとURLをコピーしました