真菌の生息域の拡大に伴い、より多くの真菌感染症が発生すると予想される、と専門家は警告している。(Expect more fungal infections as their geographic ranges expand, experts warn)

ad
ad
ad
ad
ad

真菌感染症の多くは、その病原菌が常在すると考えられている地域以外でも発見されていることが、新しい論文で明らかにされた。気候変動が原因である可能性がある。 Many fungal infections are found outside areas where the pathogens are thought to be endemic, a new paper says. Climate change may be to blame.

2022-11-22 ワシントン大学セントルイス


Close-up photograph of a culture of the pathogenic fungus Coccidioides immitis, which causes Valley fever, after two weeks, 1979.Dr Lenore Haley / CDC via Smith Collection/Gado/Getty Images file

研究者は、真菌感染症の10%以上が、その病原体が流行していることが知られている地域以外で診断されていることを示唆している。さらに、誤診やデータの不足により、実際の症例がどの程度流行しているのかを知ることは困難であると述べている。
一般に、人は胞子を吸い込むと真菌感染症にかかる。多くの場合、免疫システムがこれらの侵入者を撃退し、感染しても軽いインフルエンザのような症状が現れ、自然に治る。しかし、一部の人(通常、免疫力が低下している人)は、肺炎や髄膜炎など、生命を脅かす病気を発症することがある。
一般的に、異なる真菌感染症は特定の地域と関連している。例えば、バレー熱は南西部に多く、ヒストプラスマ症は中央部や東部の州で多く見られる。しかし、コクシジオイデス真菌は2014年にワシントンの土壌から発見された。
研究者たちは、米国の州の94%がヒストプラスマ症患者が相当数いる郡を少なくとも1つ持っており、69%がバレー熱患者が相当数いる郡を少なくとも1つ持っていることを発見した。

<関連情報>

風土病の真菌症:過小診断と過小報告 Endemic Mycoses: Underdiagnosed and Underreported

George R. Thompson III,Tom M. Chiller
Annals of Internal Medicine  Published:22 November 2022
DOI:https://doi.org/10.7326/M22-2371

Blastomycosis, coccidioidomycosis, and histoplasmosis are the endemic mycoses that are most prevalent in North America. Exposure within the focal endemic regions is often unavoidable, and patients are frequently unaware of activities that increase individual risk. These fungi have traditionally had distinct geographic distributions, although these regions are expanding and the organisms are probably much more widespread. They occupy a specific ecological niche in the environment and are able to cause disease in healthy hosts. After the infectious “spores” are inhaled, these fungal pathogens often survive macrophage ingestion and escape, thereafter replicating and producing clinical illness.

Presenting symptoms of endemic mycoses …

タイトルとURLをコピーしました