アシュワガンダ薬用成分の生合成遺伝子を発見~天然医薬品の開発や合成生物学への応用に期待~

ad
ad

2018-08-07 理化学研究所

理化学研究所(理研) 環境資源科学研究センター統合メタボロミクス研究グループのエヴァ・クノッホ訪問研究員、斉藤和季グループディレクターらの国際共同研究グループは、インドの伝統医薬アーユルベーダ生薬[1]における重要な薬用植物アシュワガンダの薬用成分であるウィザノリド類の生合成に関与する鍵遺伝子を発見しました。

本研究成果は、合成生物学的手法による天然医薬品の開発や伝統医薬の応用による健康寿命の延伸に貢献すると期待できます。

今回、国際共同研究グループは、ウィザノリド類を含むナス科植物のトランスクリプトームデータ[2]を詳細に解析し、植物に広く存在するステロイド[3]系ホルモン生合成に必要な遺伝子と相同性を示す新しい遺伝子「24ISO」を発見しました。ナス科植物において、24ISO遺伝子の存在はウィザノリド類の蓄積とよく一致し、酵母やタバコでこの遺伝子を発現させると、ウィザノリド類生合成の重要中間体が作られることが分かりました。さらに、アシュワガンダ植物で24ISO遺伝子を抑制するとウィザノリド類の蓄積が著しく低下することから、この遺伝子がウィザノリド類生合成の重要遺伝子であることが証明されました。

タイトルとURLをコピーしました