中皮腫がんマーカー抗体が認識する構造を同定~抗体も発売開始~

ad
ad

2018-11-01 神奈川県立がんセンター,日本医療研究開発機構

発表のポイント
  • 中皮腫がん細胞を的確に発見し、診断することができる中皮腫がんマーカー抗体SKM9-2が、中皮腫がん細胞のどの構造を認識しているかを同定しました。
  • SKM9-2は、中皮腫がん細胞の持つ構造のうち、糖鎖と特定のアミノ酸配列から形成されるユニークな構造を認識していることがわかりました。中皮腫がん細胞の持つこの糖鎖の存在が、SKM9-2の中皮腫がん細胞への高い特異性を規定していることがわかりました。
  • 中皮腫がんマーカー抗体SKM9-2は平成30年10月31日からニチレイバイオサイエンス社より病理研究用試薬として販売開始となります。
発表の概要

アスベストを吸い込むことで発症する中皮腫は、アスベストによる代表的な健康被害として、国際的にも大きな社会問題となっています。中皮腫は有効な治療法と診断法が確立されていないため、中皮腫を早期に発見し的確に判断できる診断法の開発は、より有効な中皮腫治療のための第一歩となります。

この度、神奈川県立がんセンター臨床研究所 辻祥太郎主任研究員と今井浩三顧問らのグループは、中皮腫細胞を的確に発見し、診断することができる中皮腫がんマーカー抗体SKM9-2の認識領域(エピトープ)を同定し、科学誌上で発表いたしました。同定されたエピトープは糖鎖とアミノ酸配列から形成されるユニークな構造をとっており、糖鎖の存在が中皮腫への高い特異性を規定していることがわかりました。本研究成果は平成30年9月24日に“Scientific Reports”誌に掲載されました。

タイトルとURLをコピーしました