同種造血幹細胞移植後における社会復帰の予測因子を発見~移植後リハビリテーションがもつ重要性~

ad

2021-04-09 京都大学

濱田涼太 医学部附属病院理学療法士、新井康之 同助教、 近藤忠一 医学研究科講師、髙折晃史 同教授、松田秀一 同教授らの研究グループは、京都大学医学部附属病院で実施された同種造血幹細胞移植後の患者56人のデータを用いて、移植後の社会復帰(復職および復学)と関連する因子の検討を行いました。

その結果、従来知られていた造血細胞移植特異的併存疾患指数(HCT-CI)高値などに加えて、移植期間中の6分間歩行距離の低下割合が社会復帰を妨げる因子になることを明らかにしました。

同種造血幹細胞移植は、通常の抗がん剤だけでは根治が期待できない難治性血液疾患に対しても治癒が望める治療方法であり、移植技術やそれを支える支持療法の発達によって長期生存者が増加していますが、「移植後の社会復帰」は依然として大きな課題です。今回の研究成果は、移植後早期(退院時点)の時点で、移植後2年時点での社会復帰の可能性を予測するものです。復帰を妨げる因子を有する移植後患者においては、リハビリテーションを含む集学的治療をより強化することによって社会復帰を支援し、最終的には同種造血幹細胞移植後の成績改善にも役立つと考えています。

本研究成果は、2021年3月30日に、国際学術誌「Scientific Reports」に掲載されました。

本研究の概要
図:本研究の概要

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:濱田涼太
研究者名:新井康之
研究者名:近藤忠一
研究者名:髙折晃史
研究者名:松田秀一

ad
医療・健康
ad
ad
Follow
ad
テック・アイ生命科学
タイトルとURLをコピーしました