iPS 細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療医師主導治験

ad
ad
ad
ad
ad

第一症例目の移植実施について

2018/11/09  京都大学医学部附属病院

医学部附属病院は、「iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療に関する医師主導治験」における第一症例目の被験者に対し、ヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の細胞移植を行い、記者発表を行いました。

本移植は医学部附属病院内で2018年10月に同院脳神経外科の医師らが実施しました。これは約240万個のドパミン神経前駆細胞を脳の被殻(左側)に移植するもので、手術時間は3時間1分でした。

本治験責任医師である脳神経内科長の高橋良輔 医学部附属病院教授は記者発表で「術後の経過は良好」と述べ、本治験の概要を説明しました。続いて、高橋淳 iPS細胞研究所教授がiPS細胞の製造について、脳神経外科の菊池隆幸 医学部附属病院助教が今回の移植手術について話しました。

記者からの質問に答える高橋良輔教授

詳細

1.概要

京都大学医学部附属病院は、「iPS 細胞由来ドパミン神経前駆細胞 注 1 を用いたパーキンソン病治療に関する医師主導治験」における第一症例目の被験者に対し、ヒト iPS 細胞由来ドパミン神経前駆細胞の細胞移植を行いましたので、本日、記者発表を行いました。

タイトルとURLをコピーしました