新型コロナウイルス検出酵素試薬の開発~独自酵素開発酵素によるOne-Step Real-Time PCR法~

ad
ad

2021-06-07 京都大学

保川清 農学研究科教授、柳原格 大阪母子医療センター部長らの研究グループは、改良した耐熱性逆転写酵素、独自のDNAポリメラーゼの組み合わせで、高感度に新型コロナウイルスの核酸を検出するキットを開発しました。

この方法で、溶液中5分子の新型コロナウイルスRNAを1時間以内に検出できました。また、大阪府立病院機構における研究において、保険収載された既存の新型コロナウイルス核酸増幅キットと比較した場合、本開発キットの感度は99.44%、特異度は100%でした。

本研究成果は、2021年6月5日に、国際学術誌「PLOS ONE」に掲載されました。

本開発キットは、新たな感染症や、遺伝子の違い(変異)にも柔軟に対応することが出来ます。柳原部長らは研究用試薬として新型コロナウイルスの変異の検出に利用しています。解析で得られた情報は、次世代シーケンスによるゲノム情報とあわせて、厚労省「積極的疫学調査及び変異株に関する情報提供等への協力」要請に基づき、大阪府感染症対策企画課を通じて厚労省へ提供すると共に、国際的なSARS-CoV-2のゲノムデータベース(GISAID)にも提供しています。また、開発キットは検査試薬が枯渇した場合の緊急用として大阪府立病院機構に保存されています。

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:保川清

メディア掲載情報
日刊工業新聞(6月7日 3面)に掲載されました。

タイトルとURLをコピーしました