優れたB型肝炎予防ワクチン開発に成功~既存ワクチンの弱点克服へ~

ad
ad
ad

2022-09-07 京都大学

明里宏文 ヒト行動進化研究センター教授、鷲崎彩夏 同特定研究員、加藤孝宣 国立感染症研究所室長、村山麻子 同研究所研究員、郷保正 株式会社ビークル代表取締役らの共同研究グループは、B型肝炎の予防に繋がる優れた新規B型肝炎ワクチンの開発に成功しました。

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(Hepatitis B Virus; HBV)感染によって起こる肝臓の病気です。B型肝炎(HB)ワクチンはB型肝炎の予防に有効なことから、日本を含む世界の多くの国々でHBワクチンの予防接種が実施されています。しかし近年の研究では、このワクチンをすり抜けてしまうHBVがあることが報告されています。この理由として、ウイルスゲノムに特定の変異が生じたHBVは、ワクチン接種により作られる免疫を逃れてしまうことが判ってきました。このような変異を持つHBVは、ワクチン接種済みの人々にも拡がることが危惧されています。私達は、こうした変異HBVにも有効な免疫を作り出すことが可能な、新規ワクチンの開発に成功しました。このワクチンが実用化されれば、既存ワクチンの弱点を克服することでB型肝炎の予防に繋がることが期待されます。

本研究成果は、2022年9月5日に、国際学術誌「Nature Communications」にオンライン掲載されました。


図:B型肝炎の予防に繋がる優れた新規B型肝炎ワクチンの開発に成功しました。

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:明里 宏文

書誌情報
【DOI】
https://doi.org/10.1038/s41467-022-32910-z
【KURENAIアクセスURL】
http://hdl.handle.net/2433/276204
【書誌情報】
Ayaka Washizaki, Asako Murayama, Megumi Murata, Tomoko Kiyohara, Keigo Yato, Norie Yamada, Hussein Hassan Aly, Tomohisa Tanaka, Kohji Moriishi, Hironori Nishitsuji, Kunitada Shimotohno, Yasumasa Goh, Ken J. Ishii, Hiroshi Yotsuyanagi, Masamichi Muramatsu, Koji Ishii, Yoshimasa Takahashi, Ryosuke Suzuki, Hirofumi Akari, Takanobu Kato (2022). Neutralization of hepatitis B virus with vaccine-escape mutations by hepatitis B vaccine with large-HBs antigen. Nature Communications, 13:5207.

タイトルとURLをコピーしました