マダガスカル:エイズ予防対策強化プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(HIV Prevention Strengthening Project)

国名 マダガスカル [協力地域地図]
協力期間 2008年3月~2013年3月
事業 技術協力
課題 保健医療

プロジェクトの紹介

マダガスカルではHIV陽性率の推定値は他のサブサハラ諸国に比べると低い水準でした。しかしながら梅毒などHIV以外の性感染症の感染率は高いことや、観光・鉱山開発など経済開発による人口移動や出稼ぎ労働者が増加していることから、HIV感染率の拡大が懸念され、その対策が重要課題となっていました。この協力では、同国におけるHIVに関するカウンセリングおよび検査サービスの提供を行う体制の強化を図りました。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2

キャプション

  1. 郡保健事務所 AIDS担当官(アンタナナリボアンティスモドラノ)
  2. イタオシ基礎保健センターでCTサービスを担当する保健スタッフ

プロジェクトのウェブサイト

事業評価情報

評価結果要約(事前・中間・終了時・事後ほか要約表)

報告書(JICA図書館ポータルサイト)

タイトルとURLをコピーしました