免疫の暴走を、開始時に防ぐ仕組みを解明~抗原提示における内在性ウイルス抑制の重要性~

ad
ad

2021-02-24 慶應義塾大学医学部,日本医療研究開発機構

慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室の竹馬俊介専任講師、吉村昭彦教授、東京大学理学系研究科生物科学専攻RNA生物学研究室の山中総一郎准教授、東海大学医学部分子生命科学の中川草講師、上田真保子博士研究員(現在、東京医科歯科大学難治疾患研究所・ゲノム機能多様性分野助教)らの共同研究グループは、核内分子であるTRIM28が、樹状細胞(注1)で有害な遺伝子発現を抑制し、過剰な免疫反応を抑制することを明らかにしました。

免疫反応は、ウイルスなどの「異物」をとらえた樹状細胞が、ごく少数の抗原特異的Tリンパ球(T細胞)に「異物由来抗原」を提示することによって開始されます。抗原提示と呼ばれるこの過程に異常が生じると、リンパ球の活性化が不十分であったり、強すぎる活性化が起こったりして、それぞれ免疫不全や自己免疫疾患を起こす可能性があります。そのため、樹状細胞の機能は厳しく調節される必要があります。

樹状細胞特異的にTRIM28を欠損させたマウスでは、過剰なT細胞の活性化と炎症性細胞への分化が起こり、自己免疫疾患モデルにおいて重篤な病勢を示すことを見出しました。TRIM28が欠損した樹状細胞のゲノムを網羅解析したところ、ゲノム上に散在する内在性レトロウイルス(ERV:注2)の一部が本来の抑制を受けずにRNAとして転写されること、これらのERVは、「異物抗原」として発現したり、近傍の免疫関連遺伝子を発現誘導したりすることにより、体内の免疫系を炎症状態へ導くことがわかりました。

タイトルとURLをコピーしました