マイクロRNAにおける2種類の化学修飾の直接同時検出に成功

ad
ad
ad

難治性消化器がんの早期診断法の開発

2021-09-29 大阪大学,科学技術振興機構

ポイント
  • 1分子量子シークエンサーで、マイクロRNAの塩基配列決定と化学修飾解析を実現
  • 化学修飾間の干渉効果を発見
  • マイクロRNAによる難治性消化器がんの早期診断への応用に期待

大阪大学 産業科学研究所の谷口 正輝 教授、鷲尾 隆 教授と大阪大学 大学院医学系研究科の石井 秀始 特任教授(常勤)らの研究グループは、1分子量子シークエンサーを用いて、転移性大腸がんなどの難治性消化器がんのマーカーであるマイクロRNAで2種類の化学修飾を直接同時検出することに成功しました。

マイクロRNAの化学修飾は、がんのマーカーになることが知られています。しかし、マイクロRNAの塩基配列と化学修飾を同時に調べる方法がなく、マイクロRNAを用いたがん早期診断法の開発の大きなハードルとなっていました。

今回、本研究グループは、トンネル電流で1分子を識別する1分子量子シークエンサーを用いて、難治性消化器がんの細胞から採取したマイクロRNAの塩基配列と化学修飾を調べたところ、マイクロRNAに化学修飾されたアデニンとシトシンの2種類の直接同時検出に世界で初めて成功しました。これにより、化学修飾されたマイクロRNAの機能解明と、難治性消化器がんの早期診断法の開発が期待されます。

本研究成果は、英国科学誌「Scientific Reports」に、2021年とは9月29日(水)(日本時間)に公開されます。

本研究は、文部科学省科学研究費補助金と、科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 CREST/機械学習と最先端計測技術の融合深化による新たな計測・解析手法の展開に関する研究の一環として行われました。

詳しい資料は≫

<論文タイトル>
“Single-Molecule RNA Sequencing for Simultaneous Detection of m6A and 5mC”
DOI:10.1038/s41598-021-98805-z
<お問い合わせ先>

<研究に関すること>
石井 秀始(イシイ ヒデシ)
大阪大学 大学院医学系研究科 特任教授(常勤)

谷口 正輝(タニグチ マサテル)
大阪大学 産業科学研究所 教授

<JST事業に関すること>
嶋林 ゆう子(シマバヤシ ユウコ)
科学技術振興機構 戦略研究推進部 グリーンイノベーショングループ

<報道担当>
大阪大学 産業科学研究所 広報室
科学技術振興機構 広報課

タイトルとURLをコピーしました