ビタミンCを脳に届ける運び屋を発見~必須栄養素研究における長年の謎を解明~

ad
ad

2022-01-14 東京大学医学部附属病院

ビタミンの中でもビタミンCは、誰もがその名を聞いたことのある有名な栄養素の一つです。生存に必須である一方、ヒトは体内でビタミンCを作ることができないため、この物質を食べものから摂取する必要があります。ところが、からだの隅々にビタミンCを行き渡らせる仕組みの全容は明らかになっていません。特に、脳はビタミンCを豊富に含む臓器でありながらバリア組織を形成する細胞によって血液と隔てられているため、血液からその細胞内に取り込んだビタミンCを脳側へと排出する分子機構が存在するはずですが、その分子実体は長年にわたって同定されていませんでした。

研究グループは、培養細胞や遺伝子欠損マウスを用いた実験などから、膜輸送体の一つであるSLC2A12トランスポーターが血液から脳へのビタミンC供給に重要な役割を果たすことを見いだし、「ビタミンC排出タンパク質:VCEP」と名付けました。これまで、ビタミンC輸送体については取り込み型しか知られていませんでしたが、この発見は、細胞内から細胞外への輸送を担う排出型輸送体を世界で初めて同定したものでもあり、生理学の発展にも貢献する重要な成果であると考えられます。

本研究は、日本学術振興会 科学研究費助成事業などの支援によって行われたものであり、日本時間1月14日にCell Pressが発行する米国科学雑誌iScienceにて発表されました。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました