2021-02-08

生物化学工学

数分間の時間認知を担う脳の神経活動を発見

2021-02-05 東京大学 東京大学大学院薬学系研究科博士課程の鹿野悠大学院生(研究当時)、佐々木拓哉特任准教授、池谷裕二教授の研究グループは、脳の海馬と線条体の神経細胞が、分単位の時間の流れに対応して活動することを発見しました。...
有機化学・薬学

転移性胃がんに対するα線標的アイソトープ治療薬候補、肝転移にも有効

治りにくく予後が悪い胃がん肝転移の新たな治療法として期待 2021-02-08 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 重粒子線治療研究部 放射線がん生物学研究グループの長谷川純崇グループリーダー・李惠子博士研究員らは、転移...
生物化学工学

微小管が生まれる分子メカニズムを解明~ごく少数の直線状オリゴマーだけが微小管になる~

2021-02-08 理化学研究所,中央大学 理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター神経細胞動態研究チームの武藤悦子上級研究員、鮎川理恵テクニカルスタッフ、中央大学理工学部生命科学科の上村慎治教授、今井洋助教(研究当時)らの国際共...
医療・健康

記憶や学習に関わる神経伝達物質受容体の迅速な蛍光標識に成功

記憶のメカニズム解明や神経疾患の診断への活用に期待 2021-02-05 名古屋大学,京都大学,科学技術振興機構 ポイント 記憶の分子メカニズムを解明するために、神経伝達物質受容体に対して迅速に目印を付ける方法が求めら...
ad
タイトルとURLをコピーしました