2021-02-26

生物化学工学

トマトのトマチンによる根圏細菌叢の制御 ~トマト苦味・有毒物質の根圏での新しい機能~

2021-02-06 京都大学 杉山暁史 生存圏研究所准教授、中安大 同特任助教、大野滉平 農学研究科修士課程学生、高松恭子 同修士課程学生、青木裕一 東北大学助教、山﨑真一 同研究員らの研究グループは、水耕栽培と圃場栽培の両条件でト...
有機化学・薬学

II型肺胞上皮細胞の特徴を再現できる細胞の作製に成功し、アミオダロン性肺障害を改善する化合物を同定

肺線維症治療薬探索への活用に期待 2021-02-26 京都大学 後藤慎平 医学研究科特定准教授、金墻周平 同研究員、萩原正敏 同教授らの研究グループは、II型肺胞上皮細胞の一部の特徴を持つ細胞を作成し、この細胞を使用して、アミオダ...
医療・健康

脳腫瘍などの放射線治療計画を短時間で生成する技術を開発

「デジタルアニーラ」で治療計画を2分で生成、医師と患者の負荷を大幅に軽減 2021-02-26 株式会社富士通研究所 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、University of Toronto(注2)(以下、ト...
医療・健康

「巧み」な運動をつくりだす神経メカニズムの解明

運動のエラーを素早く修正する前頭-頭頂神経メカニズム 2021-02-26 京都大学 武井智彦 白眉センター特定准教授、Stephen G Lomber McGill大学教授、Douglas J Cook Queen’s大学准教授、...
医療・健康

iPS細胞から肥大軟骨細胞への誘導法を確立し、成長板疾患の病態再現に成功

2021-02-26 京都大学iPS細胞研究所 ポイント iPS細胞から体節1)、硬節2)を経て増殖軟骨細胞、そして肥大軟骨細胞を誘導する方法を確立しました。 成長板3)を病態の場とする疾患の患者さん由来iPS細胞を樹...
医療・健康

赤ちゃんの脳を守るための新しい分子を発見

2021-02-26 国立精神・神経医療研究センター 疾病研究第二部は、小児期に起こる神経発達障害を研究する組織です。 対象はミトコンドリア病、遺伝性発達障害、大脳白質変性症、てんかん、脳形成障害など多岐にわたります。 新生児低酸...
生物化学工学

群体動物コケムシにおける異形個虫「鳥頭体」の発生過程

2021-02-26 東京大学 山口 悠(生物科学専攻 修士課程2年生) 広瀬 雅人(北里大学海洋生命科学部 講師) 中村 真悠子(生物科学専攻 博士課程1年生) 宇田川 澄生(生物科学専攻 博士課程2年生) 小口 晃平(産業...
医療・健康

AR(強化現実)を用いた次世代型肘関節鏡手術の開発

2021-02-26 名古屋大学,理化学研究所 名古屋大学大学院医学系研究科手の外科学の山本美知郎特任講師、平田仁教授、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンターの大山慎太郎特任助教は理化学研究所光量子工学研究センター画像...
有機化学・薬学

機能性ペプチドによる毛髪成長促進効果を発見~新たな育毛製品、スカルプケア製品への応用可能性~

2021-02-26 株式会社アジュバンコスメジャパン 株式会社アジュバンコスメジャパン(本社:兵庫県神戸市中央区下山手通五丁目5番5号 代表取締役会長兼社長:中村豊、以下「アジュバンコスメジャパン」という)と国立研究開発法人理化学研...
生物化学工学

植物フィトクロムAの構造変化を可視化 ~植物光形態形成における分子機構の一端を解明~

2021-02-26 理化学研究所 理化学研究所(理研)放射光科学研究センター生命系放射光利用システム開発チームの大出真央研修生(研究当時、現理研開拓研究本部杉田理論分子科学研究室基礎科学特別研究員)と中迫雅由客員主管研究員は、植物の...
ad
タイトルとURLをコピーしました