2021-04

医療・健康

相手にリズムを合わせる能力が生まれる道すじを解明

生後18ヶ月、30ヶ月、42ヶ月児を対象に、相手と太鼓を叩いて遊ぶ場面を設定し、相手(母親・ロボット)にリズムを合わせていく特有の能力が、いつ頃・どのように発達するかを調べた。
生物化学工学

脳内での新しいタンパク質集積機構を解明~記憶形成は水と油の関係から~

学習時の刺激により脳内のタンパク質が集合体を形成することを明らかにした。
生物環境工学

相模湾から新種のクモヒトデ発見:隠れた生物多様性

神奈川県三浦半島沖の水深90~140 mより、新種のクモヒトデを発見した。本種の形態学的な研究を行った結果、これまで90年前に1例の記録しかないコンジキクモヒトデ属のクモヒトデであり、幼体を産む生態を持つことが明らかとなった。
医療・健康

新型コロナウイルスワクチン効果の年齢差・個体差の実態とメカニズムの解析

「ヒト免疫担当細胞の加齢変化に関する研究―新型コロナウイルスワクチン効果の年齢差とメカニズムの解析―」の臨床研究を開始する。新型コロナウイルスワクチンの接種の効果が高齢者でどの程度持続し、高齢者の免疫細胞がワクチンにどのように応答するのか、一般成人と比較しながら検証。
細胞遺伝子工学

マイクロバイオーム解析のための推奨分析手法を開発

マイクロバイオームを次世代シーケンサーで解析するため、新たな精度管理用菌体と核酸標品を作製し、簡便、精確な推奨分析手法を開発。次世代シーケンサーによる信頼性の高い微生物相の解析が可能。
医療・健康

日本人てんかん発症に関わる新規遺伝子領域を発見(てんかん発症機構の解明・治療につながる知見として期待)

1,825人の日本人てんかん患者での全ゲノムDNA解析により、てんかんの発症に関わる新規原因遺伝子領域を12番染色体長腕に同定した。発現関連解析などにより、領域内の有力な発症原因遺伝子候補を絞り込んだ。てんかん発症メカニズムの理解や治療法の開発・改良に寄与する可能性がある。
有機化学・薬学

「 ヘテロ核酸医薬による遺伝子発現制御メカニズムを解明 」~より有効な核酸医薬のデザインが可能に~

HDO核酸に結合する複数のタンパク質を同定し、HDOの活性制御に関わっていることを明らかにした。
有機化学・薬学

創薬に向けた膜受容体GPCRに対する汎用的な活性制御分子の創製法を開発

創薬標的として重要でありながら、活性制御分子の取得が極めて困難である膜受容体GPCRに対して、核酸抗体「RNAアプタマー」を活用した汎用的な活性制御分子創製法を開発した。GPCRの内在性リガンド結合状態に依存して受容体の活性を制御するユニークな新規核酸分子の創製に成功した。
医療・健康

免疫の個人差をつかさどる遺伝子多型の機能カタログを作成

日本人の免疫疾患患者および健常人の末梢血から分取した28種類の免疫細胞の遺伝子発現を定量化し、遺伝子多型が遺伝子発現に与える影響をカタログ化した。このカタログを用いて、さまざまな免疫疾患発症に関わる細胞種や遺伝子を明らかにした。
細胞遺伝子工学

マイクロバイオーム解析のための推奨分析手法を開発

マイクロバイオームを次世代シーケンサーで解析するための精度管理用菌体、核酸標準物質(標品)、推奨分析手法を開発した。これらはヒト糞便を対象としたショットガンメタゲノム解析を想定したものであり、推奨分析手法は産業界で広く実施でき、その計測結果の比較互換性が担保できるものである。
ad
タイトルとURLをコピーしました