2021-04-09

医療・健康

脳が安定して活動を続けられるメカニズムの一端を解明

約1000個の神経細胞の間での複雑な相互作用ネットワークのデザインに込められている、神経系が安定して動作し続けられるメカニズムの一つを解明した。
未分類

同種造血幹細胞移植後における社会復帰の予測因子を発見~移植後リハビリテーションがもつ重要性~

同種造血幹細胞移植後の患者56人のデータを用いて、移植後の社会復帰(復職および復学)と関連する因子の検討を行った。従来知られていた造血細胞移植特異的併存疾患指数(HCT-CI)高値などに加えて、移植期間中の6分間歩行距離の低下割合が社会復帰を妨げる因子になることを明らかにした。
細胞遺伝子工学

心筋自己再生を誘導する新規遺伝子Klf1の発見

ゼブラフィッシュを用いて成熟心筋細胞の再生誘導で中心的に機能する転写因子Krüppel-like factor 1 (Klf1) の同定に成功した。
医療・健康

肝硬変に対するエクソソームを用いた新たな治療法の可能性~肝硬変への新たな再生医療を目指して~

肝硬変に対し、間葉系幹細胞から産生され非常に小さく安定な細胞外小胞・エクソソームがマクロファージを介して治療効果を発揮することを明らかにした。インターフェロンγで刺激した間葉系幹細胞の産生するエクソソームは肝硬変に対する治癒促進効果をもつマクロファージを誘導する為に必要な物質を含むことも明らかにした。
細胞遺伝子工学

原発性胆汁性胆管炎の新たな遺伝要因を同定~ヒト全ゲノム領域へのRHM法による世界初の成果~

原発性胆汁性胆管炎(PBC)の日本人遺伝子データベースと日本人の一般集団の全ゲノムデータベースとの比較を行い、3箇所の新規領域を含む、合計7箇所の染色体上の疾患に関わる候補領域を、ポリジェニック効果を考慮した手法、領域内遺伝率推定法(RHM)による、ゲノム解析から同定した。
医療・健康

リソソームの膜タンパク質ATP6V0A1の異常が発達性およびてんかん性脳症の原因となることを発見

てんかんと発達の遅れがある小児患者700例のゲノムDNAの配列を次世代シークエンスで決定することで、新たな責任遺伝子ATP6V0A1の異常を発見した。患者と同じ遺伝子異常を導入したマウスモデルを解析し、遺伝子異常がリソソームの機能異常をもたらし、シナプス形成を障害することを明らかにした。
生物化学工学

マメ科植物の栄養環境適応戦略 ~窒素栄養に応答して遺伝子発現を調節する仕組み~

マメ科のモデル植物ミヤコグサを用いた研究で、特定のDNA配列と結合して遺伝子の発現を調節する2つのたんぱく質(NLP転写因子)NRSYM1とNRSYM2が、硝酸の濃度に応じて遺伝子の発現を制御する主要な因子であることを明らかにした。
生物化学工学

骨代謝を制御する因子を発見

骨量は骨の形成と吸収を調節する因子 (骨代謝調節因子)によって緻密にコントロールされており、このバランスが乱れることによって骨粗鬆症が引き起こされる。Ccl28 欠損マウスの骨組織を解析したところ、Ccl28欠損により骨量が増加し、骨形成を担う骨芽細胞と骨吸収を担う破骨細胞が活性化していることが明らかになった。
ad
タイトルとURLをコピーしました