認知症の一群(FTLD類縁疾患)に共通の発症メカニズムを発見

ad
ad

2020-08-07 名古屋大学,日本医療研究開発機構

名古屋大学大学院医学系研究科の石垣診祐特任准教授(筆頭著者・責任著者)と祖父江元特任教授(愛知医科大学理事長)(責任著者)らの研究グループは、人格変化、情動異常、言語障害などを特徴とする認知症の1つである前頭側頭葉変性症(FTLD※1)と臨床症状が連続する神経変性疾患である筋萎縮性側索硬化症(ALS)、進行性核上性麻痺(PSP)、大脳皮質基底核変性症(CBD)など、認知症の一群(FTLD類縁疾患)に共通な病態として、FUS※2とSFPQ※3の神経細胞核内での微小局在の異常とそれに伴うタウアイソフォーム※4の変化が存在することを病理学的検討から明らかにしました。

研究グループはこれまでにRNA結合タンパク質であるFUSが核内で高分子複合体を形成し、別のRNA結合タンパク質であるSFPQと結合すること、FUSとSFPQはどちらも選択的スプライシング※5を通じてタウアイソフォームのバランス変化を制御すること、FUSおよびSFPQの機能喪失マウスモデルは情動の異常を中心とするFTLDと同様の高次機能障害を呈することなどを報告してきました。今回、研究グループは剖検脳142例を用いて、海馬および前頭葉の神経細胞の核内におけるFUSとSFPQの微小局在と結合について、様々な疾患を横断的に病理組織学的、生化学的手法を用いて解析を行いました。その結果、家族性および孤発性のALS、FTLD、PSP、CBDといった広義FTLD疾患スペクトラムにおいてFUSとSFPQの会合不全とそれに伴うタウアイソフォームのバランス異常を認めました。一方で、アルツハイマー病およびピック病では変化がありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました