サルより遅いヒトの脳処理~進化するほど脳の回転は遅くなる!?~

ad
ad

2022-01-26 京都大学

コンピュータは処理の高速化で進化します。しかし、霊長類の進化では、ヒトの脳処理が遅くなったことが、世界で初めて明らかになりました。

中村克樹 霊長類研究所教授、平田聡 野生動物研究センター教授、伊藤浩介 新潟大学准教授らの研究グループは、ヒトやチンパンジーを含む霊長類4種の脳波を計測し、大脳が音を処理する速さを比較しました。結果、音の始まりを大脳が分析したことを示すN1という脳応答のタイミングが、ヒトで最も遅かったことがわかりました。脳応答が遅いということは、じっくり時間をかけて音の分析をしているということです。言語や音楽のようなヒトに特有の高次脳機能は、脳処理が速くなるのではなく、遅くなることで進化した可能性を示唆しています。

本研究成果は、2022年1月20日に、国際学術誌「Scientific Reports」に掲載されました。

図:本研究の概要図

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:中村克樹
研究者名:平田聡

タイトルとURLをコピーしました