ヒト表皮細胞の分化と皮膚バリア機能の調節機構を解明~アトピー性皮膚炎の新たな治療戦略へ向けて~

ad
ad

2018-11-16 京都大学

成宮周 名誉教授(医学研究科特任教授)、タムケオ・ディーン 医学研究科特定准教授、住友明子 同特定研究員(現・トロント大学博士研究員)らの研究グループは、ヒト表皮細胞において、皮膚バリア機能・保湿機能を担う重要なタンパク質であるフィラグリンの発現を誘導する内因性物質として、生理活性脂質であるリゾホスファチジン酸 (LPA)を同定しました。

また、網羅的遺伝子発現解析を行い、LPAはフィラグリン遺伝子を含む皮膚バリア機能に重要な役割を果たす一群の遺伝子の発現を広範に誘導すること、この作用はRho-Rock-SRFシグナル伝達経路を介することを明らかにしました。

さらに、皮膚バリア機能低下のモデルマウスを用いて、LPAがフィラグリンの発現上昇により皮膚バリア機能・保湿機能を改善することを確認しました。これらの結果は、アトピー性皮膚炎に代表される皮膚バリア機能低下を呈する病態の治療開発に応用できることが期待されます。

本研究成果は、2018年11月14日に、米国の科学雑誌「Journal of Investigative Dermatology」に掲載されました。

図:ヒト表皮細胞の分化におけるLPAの働く分子メカニズム(モデル)

書誌情報

【DOI】https://doi.org/10.1016/j.jid.2018.10.034

タイトルとURLをコピーしました