先天性側弯症と脊椎肋骨異形成症は一連の疾患群である

ad
ad

難治性側弯症疾患の病態解明に貢献

2019-04-23 理化学研究所

理化学研究所(理研)生命医科学研究センター骨関節疾患研究チームの池川志郎チームリーダー、大伴直央大学院生リサーチ・アソシエイト(慶應義塾大学医学部医学科博士課程)らの共同研究グループは、先天性側弯症(CS)[1]、脊椎肋骨異形成症(SCDO)[2]におけるTBX6遺伝子[3]の機能喪失の主な機序を同定し、このニつの疾患が一連の疾患群を形成していることを明らかにしました。

本研究成果により、これら難治性疾患の病態の解明が進むと期待できます。

CS、SCDOは、ともに脊椎および肋骨に奇形を生じる疾患です。変形が重度な症例は、呼吸障害を来し、最悪の場合は生命の維持が危ぶまれます。そのため、CS、SCDOは厚生労働省の難治性疾患に登録されています。

今回、共同研究グループは、CS 196例、SCDO 4例の日本人患者において、TBX6遺伝子の変異の検索を行いました。新規および既知のミスセンス変異[4]in vitro(試験管内)の機能解析を行った結果、変異の大多数がTBX6タンパク質の細胞内局在の異常を引き起こすことを発見しました。また、機能喪失を引き起こす変異を両方の対立遺伝子座位(アレル)[5]に持つとSCDOが発症し、その表現型は変異の重症度に依存していることが分かりました。さらに、SCDO患者のiPS細胞[6]TBX6遺伝子が最も強く発現する体節形成期まで誘導したところ、TBX6とその下流の遺伝子の発現が低下していることが明らかになりました。

本研究は、英国の科学雑誌『Journal of Medical Genetics』の掲載に先立ち、オンライン版(4月23日付け)に掲載されます。

※共同研究グループ

理化学研究所 生命医科学研究センター 骨関節疾患研究チーム
大学院生リサーチ・アソシエイト 大伴 直央(おおとも なお)
(慶應義塾大学 医学部医学科 博士課程)
チームリーダー 池川 志郎(いけがわ しろう)

慶應義塾大学 医学部 整形外科
教授 松本 守雄(まつもと もりお)
教授 中村 雅也(なかむら まさや)
専任講師 渡邉 航太(わたなべ こおた)
助教 武田 和樹(たけだ かずき)

日本先天性側彎症研究グループ
名城病院 整形外科
脊椎脊髄センター長 川上 紀明(かわかみ のりあき)

聖隷佐倉市民病院 整形外科
名誉院長 南 昌平(みなみ しょうへい)
院長補佐 小谷 俊明(こたに としあき)

神戸医療センター 整形外科
院長 宇野 耕吉(うの こうき)
医長 鈴木 哲平(すずき てっぺい)

北海道大学大学院 医学研究院 整形外科学教室
特任准教授 須藤 英毅(すどう ひでき)

獨協医科大学 整形外科
主任教授 種市 洋(たねいち ひろし)
准教授 稲見 聡(いなみ さとし)

奈良県立医科大学 整形外科教室
講師 重松 英樹(しげまつ ひでき)

新潟大学大学院 医歯学総合研究科 整形外科学分野
講師 渡辺 慶(わたなべ けい)

タイトルとURLをコピーしました