いわて東北メディカル・メガバンク機構、100人規模の全ゲノム・エピゲノム・トランスクリプトーム情報の分譲開始

ad
ad
ad
ad
ad

個別化医療・個別化予防に貢献可能

2018-03-30岩手医科大学 いわて東北メディカル・メガバンク機構,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

研究のポイント

岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構(IMM)は、生体情報解析部門を中心とした研究チームが解析した、免疫に関与する2種類の血液細胞の100人規模の匿名化した全ゲノム・エピゲノム・トランスクリプトーム情報について、研究者向けの提供(以下、分譲)を2018年3月に開始しました。

この分譲は、個人ごとの全ゲノム・エピゲノム・トランスクリプトーム情報を生活習慣や血液・尿検査等と組み合わせて国内での研究で利活用可能とする初めての取り組みです。これにより、個別化医療・個別化予防の実現へ向けた研究の深化・加速に繋がると考えられます。

概要

岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構(IMM、機構長 佐々木真理)では、東日本大震災の復興支援事業である東北メディカル・メガバンク計画(TMM)の一環として、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED、理事長 末松誠)の支援の下、岩手県の被災地を中心とした大規模健康調査を行い、地域医療の復興に貢献するとともに、個別化医療等の次世代医療体制の構築を目指しています。

タイトルとURLをコピーしました