治療抵抗性重症急性移植片対宿主病に対する臍帯由来間葉系細胞輸注療法の医師主導治験を開始

ad
ad
ad
ad
ad

治療抵抗性重症急性移植片対宿主病に対する臍帯由来間葉系細胞(IMSUT-CORD)輸注療法の医師主導治験を開始~日本初の臍帯由来再生医療等製品の実用化に向けて大きく前進~

2018-07-17 東京大学医科学研究所附属病院,日本医療研究開発機構

発表者

東條 有伸 (東京大学医科学研究所附属病院 血液内科 教授)
長村 登紀子(東京大学医科学研究所附属病院 セルプロセッシング・輸血部 部長/臍帯血・臍帯バンク 施設長)
大橋 一輝(がん・感染症センター都立駒込病院 血液内科 部長)
山本 久史(虎の門病院 血液内科 医員)

発表のポイント
  • 本研究グループは、臍帯から豊富な間葉系細胞が採取でき、その間葉系細胞に抗炎症・免疫抑制能や組織修復能があることを報告している。臍帯から効率的に間葉系細胞を製造できるよう技術開発するとともに、この抗炎症・免疫抑制能を利用して、臍帯由来間葉系細胞を用いた治療抵抗性急性移植片対宿主病に対する医師主導治験を開始する。
  • さまざまな組織由来の間葉系細胞がある中で、臍帯由来間葉系細胞を用いた治験は国内初である。
  • 臍帯は、採取にあたりドナーへの身体的負担がなく、増殖力が高いことから、製造コストが削減できるとともに、安定的な間葉系細胞ソースが確立できる可能性がある。
発表概要

造血幹細胞移植後の重症急性移植片対宿主病(GVHD、注1)は、造血幹細胞移植ドナーのリンパ球が患者組織抗原に反応して増殖し、患者臓器を攻撃する過剰な免疫反応であり、移植後の予後を左右する重要な因子である。

タイトルとURLをコピーしました