2022-08-17

医療・健康

急性期脳梗塞に対する再開通療法のガイドライン遵守率がアウトカム改善に与える影響を全国レベルで初めて実証

2022-08-16 国立循環器病研究センター 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:大津欣也、略称:国循)の飯原弘二病院長が代表を務めるJ-ASPECT研究の、全国レベルで、系統的に急性期脳卒中医療の質を計測し、改善を促す...
細胞遺伝子工学

野生マウス系統でゲノム編集が可能になりました!

2022-08-17 国立遺伝学研究所 国立遺伝学研究所では、これまでに9種類の野生マウス由来の系統(野生系統)を樹立してきました。これらの系統は、異なる系統間で大きな遺伝的差異があることや野生マウスに特徴的な行動を示すことなど、一般...
医療・健康

心臓の専門家が警告する「孤独は心の傷になりうる(Loneliness Can Be a Real Heartbreaker, Cardiac Experts Warn)

2022-08-05 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD) 社会的孤立や孤独は、心臓発作、脳卒中、またはそのいずれかによる死亡のリスクを30%高めると、米国心臓協会(AHA)の新しい科学的声明が警告しています。 <関連情報...
細胞遺伝子工学

統計ツールにより、DNAデータセットの「ギャップ」を無視してはいけないことが判明(Statistical Tool Finds ‘Gaps’ in DNA Data Sets Shouldn’t Be Ignored)

2022-08-15 ノースカロライナ州立大学(NCState) 簡単な統計的検定により、現在の慣行とは異なり、進化生物学でよく用いられるDNAタンパク質と配列のアラインメントにおける「ギャップ」が、時間の経過に伴うヌクレオチドやアミノ酸...
生物化学工学

糖質代謝は、がんでは意外とオーソドックス(Sugar metabolism is surprisingly conventional in cancer)

この研究は、がん治療における代謝をターゲットとすることに示唆を与えるものです。 Study has implications for targeting metabolism in cancer treatment 2022-08-15...
細胞遺伝子工学

植物分子遺伝学者がエピジェネティックコードを発見し、解読を開始(Plant molecular geneticists discover, and begin to crack, the epigenetic code)

2022-08-16 ペンシルベニア州立大学(PennState) 分子植物遺伝学者のチームは、再プログラム効果に関する初めての研究を行い、ある遺伝子の発現と過剰発現をもたらし、他の遺伝子を抑制する「エピジェネティック再プログラム」コード...
医療・健康

パルス光技術で有害な病原菌を効果的に死滅させる新研究を実施(Pulsed light technology effectively kills harmful pathogens in new study)

大腸菌やサルモネラ菌などの病原体を不活性化する新しい食品除染法 Novel food decontamination method inactivates pathogens like E. coli and Salmonella 20...
生物環境工学

オスのクモはメスの共食いに対抗するため、精子転送を最大化する(Male spiders maximise sperm transfer to counter female cannibalism)

オスのクモが共食いするメスと交尾するために精子の多い性器を選択することを発見 Study discovers that male spiders select sexual organ with more sperm to mate wi...
ad
タイトルとURLをコピーしました