2022-08-12

細胞遺伝子工学

「記録」のメチル化と「解読」のメチル化:ヒストン修飾の分布を決める2つの仕組み

2022-08-11 東京大学 大矢 恵代(生物科学専攻 博士課程 (研究当時)) 角谷 徹仁(生物科学専攻 教授) 稲垣 宗一(生物科学専攻 准教授) 発表のポイント ヒストン修飾の1つである、H3K4メチル化を担う...
医療・健康

心血管リスクが高い地域住民において 中高強度の身体活動だけではなく低強度の身体活動も脳の体積と関連することを見出しました

2022-07-19 国立長寿医療研究センター 国立研究開発法人国立長寿医療研究センター(理事長:荒井秀典)老年学・社会科学研究センターの牧野圭太郎研究員、島田裕之センター長らの研究グループは、心血管リスクレベルが比較的高い地域住民コ...
生物環境工学

ヒトの声帯形態と音声言語の進化~単純な声帯の進化が複雑な言語コミュニケーションの礎となった~

2022-08-12 京都大学 ヒトは、多様な母音や子音を一息の中で連続的に連ねて言語コミュニケーションをしています。一方、サル類は、声の大きさや高さ、長さなどを手かがりに音声コミュニケーションしています。 西村剛 ヒト行動進化...
医療・健康

音+電気的身体刺激で慢性疼痛を治療できる可能性があるとの研究結果(Study finds that sound plus electrical body stimulation has potential to treat chronic pain)

新しい技術により、様々な慢性疾患や神経疾患を持つ人々の痛みを軽減できる可能性がある。 New technique could relieve pain for individuals with various chronic and ne...
医療・健康

転移性がんの治療を簡単かつ迅速に行える新チップが登場(New Chip Could Make Treating Metastatic Cancer Easier and Faster)

2022-08-11 ジョージア工科大学 研究者たちは、がんがどのように転移し、どのステージにあるのかを示すことで、がん治療に革命をもたらす可能性のある検出方法を発見しました。これは、簡単な血液検査から始まり、より早く、より的を絞った治療...
生物環境工学

移動する昆虫の最長連続追跡を達成(Study achieves longest continuous tracking of migrating insects)

スズメガの移動中に一緒に飛ぶことで、昆虫が脊椎動物と同様の高度な飛行戦略を持っていることが明らかになった By flying with hawkmoths during migration, scientists reveal the i...
医療・健康

バイオエンジニアリングされた角膜は、視覚障害者の視力を回復させることができる(Bioengineered cornea can restore sight to the blind and visually impaired)

2022-08-11 スウェーデン・リンショーピング大学 豚の皮膚から採取したコラーゲンタンパク質でできた、人間の角膜に似たインプラントを開発。試験的な研究では、このインプラントによって、角膜に疾患のある20人の視力が回復しました。 "...
医療・健康

先進的な遺伝子スクリーニングにより、健康な組織でがんがコーディングされていることが判明(Advanced genetic screening reveals cancer coding in healthy tissue)

2022-08-10 スウェーデン王国・王立工科大学(KTH) 新しい研究により、一般的なスクリーニング技術でがんの兆候が発見されるよりもずっと前に、臓器の遺伝子変異が明らかになる可能性が出てきた。 臓器のスクリーニングは、空間トランス...
有機化学・薬学

運動ニューロン疾患に有望な薬剤を発見(Drug shows promise for motor neuron disease)

前立腺肥大症や高血圧の治療に一般的に使用されている薬剤が、運動ニューロン疾患の新しい治療法として有望であることが、新しい研究により明らかになった。 A drug typically used to treat enlarged prost...
ad
タイトルとURLをコピーしました