2022-08-09

細胞遺伝子工学

交雑は植物のトランスポゾン(動くDNA配列)を活性化する~交雑が遺伝的多様性を大きくする仕組みの一端を明らかに~

2022-08-09 新潟大学 本学自然科学系(農学部)の深井英吾准教授、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の吉川学博士、デンマーク・オーフス大学、かずさDNA研究所、国立遺伝学研究所、理化学研究所らの研究グループは、植物の交...
医療・健康

Brain-Computer Interface操作の得手不得手に関わる脳回路を発見~操作を「考える」か「感じる」か、個人差に合わせた技術開発へ期待~

2022-08-09 京都大学,国立精神・神経医療研究センター 概要 京都大学大学院医学研究科の花川隆 教授(国立精神・神経医療研究センターIBIC先進脳画像研究部特任部長)と産業技術総合研究所の笠原和美 研究員らの共同研究グループは、...
医療・健康

脳卒中の回復評価法を神経活動変化から再検証 ~神経メカニズムに基づく脳卒中回復評価への応用に期待~

2022-08-09 国立精神・神経医療研究センター,電気通信大学 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所モデル動物開発研究部の関和彦部長と電気通信大学の舩戸徹郎准教授、富山大学の服部憲明教授、東京大学...
ad
生物化学工学

植物の地下部でのコミュニケーションを可能にしている分子? ~ストリゴラクトンの新機能を発見~

2022-08-09 愛媛大学 研究の概要 愛媛大学大学院農学研究科の米山香織特任准教授、宇都宮大学、University of Leedsの研究グループは、植物は、根から分泌される二次代謝産物ストリゴラクトンによって、隣接する植物の存...
生物化学工学

アカエイの淡水進出を可能にする腎機能の解明~なぜエイ類にはサメ類よりも汽水域や淡水域に生息する種が多いのか?~

2022-08-09 東京大学 大気海洋研究所,岡山大学 発表のポイント ◆海水と淡水の両環境に適応可能なアカエイが、淡水環境において腎臓での溶質の再吸収を亢進するメカニズムを遺伝子レベルで初めて解析しました。 ◆板鰓類(サメ類・エイ...
有機化学・薬学

骨代謝に関わるPTH1受容体のシグナル伝達複合体を可視化~安全性の高い効果的な骨粗しょう症治療薬の合理的設計に貢献~

2022-08-09 東京大学 小林 和弘(生物科学専攻 博士課程) 川上 耕季(東北大学大学院薬学研究科 助教) 草木迫 司(生物科学専攻 助教) 加藤 英明(東京大学大学院総合文化研究科/先進科学研究機構 兼 生物科学専攻 ...
医療・健康

ゲノムとAIにより食道がんの術前化学療法の効果を予測~ゲノムと免疫情報を基にした精密医療に期待~

2022-08-09 理化学研究所,近畿大学,東京大学 理化学研究所(理研)生命医科学研究センターがんゲノム研究チームの笹川翔太研究員、中川英刀チームリーダー、近畿大学医学部外科学教室上部消化管部門の安田卓司主任教授、東京大学医学部附...
医療・健康

妊娠中の喫煙は妊娠高血圧症候群のリスクを高める~欧米と相反する結果が、全国出生コホートコンソーシアムからの初成果で明らかに~

2022-08-09 国立成育医療研究センター 国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区、理事長:五十嵐 隆)の社会医学研究部 森崎 菜穂 部長、東北大学東北メディカル・メガバンク機構予防医学・疫学部門 栗山進一教授らのグルー...
医療・健康

「コロナ制圧タスクフォース」 COVID-19疾患感受性遺伝子DOCK2の重症化機序を解明 ~アジア最大のバイオレポジトリーでCOVID-19の治療標的を発見~

2022-08-08 慶應義塾大学,東京医科歯科大学,大阪大学,東京大学 医科学研究所,北里大学,京都大学,科学技術振興機構 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19)は、流行の始まりから2年経過した...
有機化学・薬学

インシリコスクリーニングを駆使した化学反応の新しい開発戦略 ~新規3成分反応によるフッ素化含窒素複素環骨格の合成に成功~

2022-08-09 北海道大学,科学技術振興機構 ポイント AFIR法を用いた量子化学計算により、コンピューター上で化学反応をスクリーニング。 計算から示唆された反応形式を実際の化学実験で具現化に成功、脱芳香族化を伴う新しい3成分反応...
医療・健康

画像による新しい放射線量測定法(New imaging-based approach to measure radiation dose)

2022-08-05 ワシントン大学セントルイス Abhinav Jha and his collaborators have developed a way to measure the distribution of alph...
生物工学一般

「シンプルかつパワフル」:細胞の分泌をこれまでにない形で見る(“Simple yet powerful”: Seeing cell secretion like never before)

Singamaneni研究室と共同研究者は、細胞からのタンパク質分泌を検出する新しいアッセイを開発しました。 Singamaneni’s lab, collaborators develop new assay that detects ...
ad
タイトルとURLをコピーしました