2022-08-19

細胞遺伝子工学

遺伝子の発現とクロマチン構造の維持を両立させる仕組み~RNAポリメラーゼはヌクレオソームを壊して組み立てる~

2022-08-19 理化学研究所,東京大学定量生命科学研究所 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター転写制御構造生物学研究チームの江原晴彦研究員、関根俊一チームリーダー、東京大学定量生命科学研究所クロマチン構造機能研究分野の鯨...
医療・健康

新世代薬剤溶出性ステント下に存在する脂質性プラークが将来の心血管イベント発症に及ぼす影響を報告

2022-08-19 国立循環器病研究センター 冠動脈壁内の脂質性プラーク(注1)は急性冠症候群・心臓突然死等の心血管イベント発症の原因となることが知られていますが、留置された新世代薬剤溶出性ステント下に存在する脂質性プラークの意義は...
有機化学・薬学

てんかんの新たなメカニズム、薬物調節を解明(Study reveals novel mechanism behind epilepsy, drug modulation)

2022-08-18 ワシントン大学セントルイス てんかんは、脳内の異常な電気的活動により発作が起こる神経疾患。これらの発作は、脳内のカリウムイオンを制御するタンパク質群の遺伝的変異など、さまざまな原因によって引き起こされることがある。研...
医療・健康

神経細胞膜脂質がアルツハイマー病の発症・進展に寄与している可能性Neuron membrane lipid may contribute to Alzheimer’s development, progression

2022-08-12 ペンシルベニア州立大学(PennState) 神経細胞の膜に存在する脂質が、アルツハイマー病の発症や進行に基本的な役割を果たす可能性があることが、研究者らによって明らかにされた。 研究チームは、細胞膜に存在する分子...
生物化学工学

甘い樹液、香ばしい蟻(Sweet sap, savory ants)

キツツキは甘いものを味わうが、アリに特化したキツツキ(ライネック) は糖分を味わう能力を失っていた Woodpeckers taste sweet, but wrynecks—unusual woodpeckers that specia...
生物工学一般

免疫系:抗原を結合したT細胞受容体の原子分解能の画像を初めて取得(Immune system: First image of antigen-bound T-cell receptor at atomic resolution)

2022-08-18 フランクフルト大学 クライオ電子顕微鏡を用いて、抗原が結合したT細胞受容体複合体全体を原子レベルの分解能で初めて可視化することに成功した。これにより、重篤な疾患を標的とした新しい治療法への道を開く可能性のある、基本的...
生物環境工学

新しいカウント方法で、より良い野生動物観察が可能に(Better wildlife observation with new counting method)

2022-08-18 スウェーデン・リンショーピング大学 野生動物を数えるのは難しいですが、狩猟によって捕獲された量を見れば、その目安がわかる。このたび、研究者たちが開発した、野生動物の捕獲数をカウントする新しいモデルによって、この統計が...
ad
タイトルとURLをコピーしました