2022-08-05

有機化学・薬学

ヒト細胞内でRNA分解時に働く因子の役割を解明~細胞内におけるRNA分解機構の全容解明に期待~

2022-08-05 京都大学 藤原奈央子 生命科学研究科研究員、増田誠司 近畿大学教授、長浜正巳 明治薬科大学教授らの研究グループは、細胞内で不要となったRNAを分解する際、「MPP6」というタンパク質が重要な役割を果たすことを明ら...
医療・健康

ゲノム解析から急性赤白血病の変異プロファイルと治療標的を解明~特定の遺伝子変異群の組み合わせと、特徴となる遺伝子の増幅が鍵~

2022-08-05 京都大学 小川誠司 医学研究科教授、竹田淳恵 同研究員らは124例の急性赤白血病(AEL)に対し次世代シーケンサーを用いた包括的なゲノム解析を行い、変異プロファイルからAELは4つのサブグループに分類されることを...
医療・健康

卵巣がんにおける新たな免疫の仕組みを発見~三次リンパ様構造の形成メカニズムと予後への影響を解明~

2022-08-05 京都大学 濱西潤三 医学研究科准教授、浮田真沙世 同特定病院助教、万代昌紀 同教授らの研究グループは、吉富啓之 同准教授、上野英樹 同教授らとの共同で、卵巣がんにおけるがん微小環境において、慢性的な免疫応答にかか...
生物工学一般

大腸菌を昆虫共生細菌に進化させることに成功 ~普通の細菌が単一突然変異でカメムシの生存を支える必須共生細菌になる~

2022-08-05 産業技術総合研究所 ポイント 実験室で大腸菌を昆虫共生細菌に進化させることに成功 大腸菌が単一突然変異でカメムシの生存を支える必須共生細菌になる 常識を覆し、共生進化が迅速かつ容易に起こりうるこ...
生物化学工学

モータータンパク質「ダイニン」は、その制御因子群と細胞内で適切な順番で出会う

2022-08-05 国立遺伝学研究所 細胞の中では、物質の輸送や染色体の分配など、ものを運ぶために力が必要とされる場面が多くあり、そのような細胞内での力発生の多くは、分子モーターと呼ばれるタンパク質酵素によって担われています。その分...
細胞遺伝子工学

植物の精子形成に関わる新規因子を発見 ~基底小体タンパク質が獲得した新機能~

2022-08-05 明治大学 明治大学 越水静助教、基礎生物学研究所  南野尚紀特任助教、金沢大学 西山智明助教、立教大学 養老瑛美子助教、理化学研究所 佐藤繭子技師ら共同研究チームはこのたび、オミクス解析によるスクリーニングから、...
医療・健康

統合失調症と認知症の類似性(Similarity between schizophrenia and dementia)

前頭側頭型認知症では、統合失調症と同じ脳内ネットワークが影響を受ける可能性がある In frontotemporal dementia, the same brain networks can be affected as in schi...
生物環境工学

遺伝子混合のコストとベネフィット、ヒヒは近縁種から遺伝子の3分の1を拝借していた (Costs and benefits of genetic mixing. Baboons borrowed a third of their genes from a closely related species)

2022-08-04 マックス・プランク研究所 In the region around the Amboseli basin of southern Kenya, where two species of baboons h...
ad
タイトルとURLをコピーしました