酵素受け渡しによるがん関連糖鎖の新たな改変機構を解明 ~がん細胞は糖鎖合成酵素GnT-Vを小胞に乗せて分泌する~

ad
ad
ad

2022-12-07 岐阜大学,名古屋大学,科学技術振興機構

ポイント
  • 糖鎖合成酵素GnT-Vが作る糖鎖は、がんの進行に関わることが知られている。
  • がん細胞が放出する細胞外小胞にはGnT-Vが多く含まれている。この小胞を受け取った細胞にGnT-Vが受け渡されると、その細胞の糖鎖ががんタイプに改変されることが分かった。
  • 糖鎖の新たな改変機構とがん進行機構への解明が期待される。

東海国立大学機構 岐阜大学 糖鎖生命コア研究所の木塚 康彦 教授らの研究グループは、同研究所 鈴木 健一 教授、大阪国際がんセンターとの共同研究で、がんに関わる糖鎖が作られる新たな仕組みを発見しました。

GnT-Vは糖鎖を作る酵素で、作られた糖鎖はがんを進行させることが知られています。本研究で、GnT-Vはがん細胞が放出する細胞外小胞に存在しており、この小胞がそのまま別の細胞に受け渡されることが分かりました。小胞を受け取った細胞は、GnT-Vが作るがんタイプの糖鎖を新たに作るようになることから、小胞上の酵素の受け渡しを介して細胞の糖鎖が改変されることが明らかになりました。

本研究は、糖鎖の合成を調節する新たなメカニズムの解明や、細胞外小胞を介してがんが進展するメカニズムの解明への貢献が期待されます。

本研究成果は、2022年12月5日付(現地時間)で、国際学術誌「iScience」に掲載されました。

本研究は、平成30年度から始まった科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業 CREST課題『高精度1分子観察によるエクソソーム膜動態の解明』(JPMJCR18H2)の支援のもとで行われたものです。

詳しい資料は≫

<論文タイトル>
“N-Acetylglucosaminyltransferase-V (GnT-V)-enriched small extracellular vesicles mediate N-glycan remodeling in recipient cells”
DOI:10.1016/j.isci.2022.105747
<お問い合わせ先>

<研究に関すること>
木塚 康彦(キヅカ ヤスヒコ)
東海国立大学機構 岐阜大学 糖鎖生命コア研究所 教授

<JST事業に関すること>
保田 睦子(ヤスダ ムツコ)
科学技術振興機構 戦略研究推進部 ライフイノベーショングループ

<報道担当>
東海国立大学機構 岐阜大学 総務部 総務課 広報グループ
科学技術振興機構 広報課

タイトルとURLをコピーしました