水1Lの分析で絶滅危惧種ニホンウナギの河川内分布を把握できることを明らかにしました

ad
ad

2019-03-01 京都大学

山本哲史 理学研究科助教、板倉光 神戸大学・日本学術振興会特別研究員、脇谷量子郎 中央大学機構助教、海部健三 同准教授、佐藤拓哉 神戸大学准教授、源利文 同准教授らの研究グループは、1Lの河川水中の環境DNA量を分析することで、ニホンウナギの河川での生息状況を把握できることを世界で初めて明らかにしました。

従来のニホンウナギの河川調査では電気ショッカーによる定量採集調査が行われてきました。本研究グループは、国内10河川125地点において、この定量採集調査と環境DNA分析手法とを比較し、後者の方が河川におけるニホンウナギの分布を高精度で検出できることを確認しました。また、環境DNA分析によって、その個体数・生物量を推定できる可能性も見出しました。

本研究成果により、ニホンウナギの河川でのモニタリングを短期間で効率的に行うことが可能となり、絶滅が危惧される本種資源の保全に大きく貢献できるものと期待されます。

本研究成果は、2019年2月27日に、国際学術誌「Aquatic Conservation: Marine and Freshwater Ecosystems」のオンライン版に掲載されました。

図:絶滅が危惧されるニホンウナギ(Anguilla japonica)

書誌情報

【DOI】 https://doi.org/10.1002/aqc.3058

Hikaru Itakura, Ryoshiro Wakiya, Satoshi Yamamoto, Kenzo Kaifu, Takuya Sato, Toshifumi Minamoto (2019). Environmental DNA analysis reveals the spatial distribution, abundance, and biomass of Japanese eels at the river-basin scale. Aquatic Conservation: Marine and Freshwater Ecosystems.

詳しい研究内容について

水 1L の分析で絶滅危惧種ニホンウナギの 河川内分布を明らかにできることを確認

神戸大学大学院理学研究科の板倉光学振特別研究員、中央大学の脇谷量子郎 機構助教、京都大学の山本哲史助教、中央大学の海部健三准教授、神戸大学の 佐藤拓哉准教授と源利文准教授からなる研究グループは、1Lの河川水中の環境 DNA(※1)量を分析することで、ニホンウナギの河川での生息状況を把握でき ることを世界で初めて明らかにしました。これにより、ニホンウナギの河川で のモニタリングを短期間で効率的に行うことが可能となり、絶滅が危惧される 本種資源の保全に大きく貢献できるものと期待されます。
この研究成果は、2月28日(現地時間)に、英国科学誌「Aquatic Conservation: Marine and Freshwater Ecosystems」に掲載されました。

ポイント
✓ ウナギ属魚類の河川内分布をモニタリングするための環境 DNA 分析手法の有用性を 世界で初めて示した。
✓  国内 10 河川 125 地点における電気ショッカーを用いた定量採集調査と環境 DNA 分 析手法から得られた結果を比較し、環境 DNA 分析の方がニホンウナギの河川内分布 を高精度で検出できることを確認した。
✓  採集調査から得られたニホンウナギの個体数・生物量と環境 DNA 濃度との関係か ら、環境 DNA を調べることで河川でのニホンウナギの個体数・生物量を推定できる 可能性を示した。
✓  環境 DNA 分析手法により、広域に分布するウナギ属魚類の河川内分布調査が容易に 行え、時空間的に大規模な資源動態のモニタリングが可能となる。これは、本属魚類 の保全と持続的利用、本属外来種の人為的移入の早期発見に大きく貢献できるものと 期待される。

タイトルとURLをコピーしました