2022-05-13

生物環境工学

人はどのように混雑を感じるのか? ~歩く速さにおける理想と現実のギャップ~

2022-04-13 東京大学 1. 発表者 カ ギョウロ(東京大学 先端科学技術研究センター 特任助教) フェリシャーニ クラウディオ(東京大学 先端科学技術研究センター 特任准教授) 村上   久(京都工芸繊維大...
細胞遺伝子工学

タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明~細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ~

2022-05-12 京都大学 吉村成弘 生命科学研究科准教授、山﨑啓也 同博士課程学生(現:東京大学助教)、平野達也 理化学研究所主任研究員、高木昌俊 同専任研究員、小迫英尊 徳島大学教授らは、タンパク質の翻訳後修飾であるリン酸化が...
医療・健康

治療抵抗性うつ病に対し 反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)による維持療法を先進医療で実施 ~最大規模(300例)の医師主導の臨床研究の開始~

2022-05-13 国立精神・神経医療研究センター 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)病院は、治療抵抗性うつ病への反復経頭蓋磁気刺激療法(repetitive transcranial magnetic s...
細胞遺伝子工学

ヒトのiPS細胞やES細胞の生存に必要な遺伝子の発見 ~これまで見過ごされていた、タンパク質レベルで量が制御されている遺伝子群の制御機構解明に向けて~

2022-05-13 京都大学iPS細胞研究所 ポイント ヒト多能性幹細胞でmRNA(注1)の量とは独立してタンパク質の量が多い20種類の遺伝子群は、ヒト多能性幹細胞(注2)の生存に必須である。 mRNAの細胞内局在の...
医療・健康

先天性甲状腺機能低下症の遺伝要因を解明~先天的な臓器形成異常の病態解明研究のモデルに~

2022-05-13 国立成育医療研究センター 国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区、理事長:五十嵐 隆)の分子内分泌研究部 鳴海 覚志 室長、慶應義塾大学医学部小児科 長谷川 奉延 教授、ドイツのシャリテ・ベルリン医科大...
医療・健康

新たな遺伝的性質をもつカルバペネム耐性菌を同定~環境における薬剤耐性菌拡散の原因解明に期待~

2022-05-13 東京医科歯科大学,日本医療研究開発機構 研究成果のポイント 世界的脅威となるカルバペネム分解酵素産生腸内細菌目細菌(CPE)※1は自然環境に拡散し続けていますが、医療施設環境での実態は十分に把握されていませ...
有機化学・薬学

急性白血病治療薬として創製された新薬候補化合物のフェーズ1/2試験を開始

2022-05-13 日本医療研究開発機構 日本医療研究開発機構(AMED)が「次世代がん医療創生研究事業(P-CREATE)」と「産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-M)」で支援した、国立がん研究センター、庄内地域産業...
生物工学一般

楕円じゃないのよ、タマゴは

2022-05-13 国立遺伝学研究所 「タマゴはどんな形?」と聞かれたら、多くの方は「楕円(だえん)形」と答えると思います。科学者も生物の卵の中で起こっている現象を考えるときに、卵の形を楕円形(数学的には(x/a)²+(y/b)²+...
生物工学一般

パップラボが解き明かすIDRの秘密(Pappu lab untangles more IDR secrets)

2022-05-12 ワシントン大学セントルイス タンパク質の内部障害領域(IDR)は、折り畳まれたドメインに連結されると、柔軟な尾部またはドメイン間のリンカーとして機能する。ほとんどのIDRは、反対電荷を持つ残基の混合物から構成されてい...
生物工学一般

葉を読み解く:化石と現代の葉を識別するための特徴を探す科学者たち(Decoding the leaf: scientists search for features to ID modern, fossil leaves)

2022-05-12 ペンシルベニア州立大学(PennState) 葉を分類し、生物学的な科に分類することができる機械学習プログラムは、植物の進化に関する新たな手がかりを与えてくれるかもしれない。ペンシルベニア州立大学の科学者が率いるチー...
ad
タイトルとURLをコピーしました