2022-05-17

生物化学工学

クマネズミ系統 IV を琉球列島南部で発見~日本における複数系統の進化史を紐解く~

2022-05-16 京都大学 本川雅治 総合博物館教授と牧野智久 理学研究科博士課程学生、谷戸崇 同博士課程学生、岡部晋也 同博士課程学生は、沖縄県教育委員会事務局文化財保護課、沖縄大学地域研究所、兵庫県立大学・人と自然の博物館との...
医療・健康

慢性腰痛に対するモバイルアプリを用いた新たな患者教育と運動療法の効果

2022-05-17 東京大学医学部附属病院 慢性腰痛(CLBP:chronic low back pain)は、世界的にみて最も生活に支障をきたす年数が長く、働く人のパフォーマンス低下にも影響する症状であり、その対策は社会課題の一つ...
医療・健康

シン・胸腺上皮細胞~シングルセル解析による胸腺上皮細胞の分化機構解明~

2022-05-17 理化学研究所 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター免疫恒常性研究チームの秋山泰身チームリーダーらの研究グループは、自己免疫疾患の発症抑制に重要な胸腺上皮細胞の新たな分化機構を明らかにしました。 本研究...
有機化学・薬学

ケタミンの即効性抗うつ作用に関わる新しいメカニズムを解明!

2022-05-17 金沢大学,大阪公立大学,日本医療研究開発機構 金沢大学医薬保健研究域薬学系の出山諭司准教授、金田勝幸教授、大阪公立大学大学院医学研究科脳神経機能形態学の近藤誠教授らの共同研究グループは、ケタミン(※1)の即効性抗...
有機化学・薬学

女性ホルモンは乾癬を抑制する~エストラジオールによる抗皮膚炎症作用~

2022-05-17 京都大学,浜松医科大学,日本医療研究開発機構 概要 京都大学大学院医学研究科 足立晃正助教(研究当時、現:東京都立墨東病院)、本田哲也同講師 (研究当時、現:浜松医科大学教授)、椛島健治同教授らの研究グループは、女...
有機化学・薬学

タンパク質の構造からがんの分子標的治療薬のメカニズムを解明~アスピリンとの併用でがん細胞死の誘導増強に期待~

2022-05-17 産業技術総合研究所 本研究成果のポイント がん抑制作用を有する2種の天然植物成分の標的タンパク質としてRPS5を同定した。 現在世界中で汎用されている分子標的治療薬のひとつであるMEK阻害剤トラメチニ...
細胞遺伝子工学

カーボンナノチューブで植物に遺伝子を送り込む~植物ミトコンドリアの効率的な遺伝子改変が可能に~

2022-05-16 理化学研究所,京都大学,宇都宮大学,九州大学,科学技術振興機構 理化学研究所(理研)環境資源科学センターバイオ高分子研究チームのサイモン・ロウ特別研究員、沼田圭司チームリーダー(京都大学大学院工学研究科教授)、京...
医療・健康

山形大学医学部東日本重粒子センターに納入した 重粒子線治療装置における回転ガントリーでの頭頸部腫瘍に対する治療開始について

2022-05-17 東芝エネルギーシステムズ株式会社 当社が国立大学法人山形大学(以下、山形大学)に納入した重粒子線治療注1装置による回転ガントリー注2式照射室で複数の角度から照射が必要な頭頸部腫瘍に対する治療が、本日開始されました。 当...
生物工学一般

ショウジョウバエのデジタルツイン「NeuroMechFly」(NeuroMechFly: a digital twin of Drosophila)

2022-05-16 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) EPFLの科学者たちは、ショウジョウバエの動きをリアルにシミュレートしたデジタルモデルを開発しました。この双子は、動物の行動を神経機械的に制御するリバースエンジニアリングや...
生物工学一般

細胞運動の新しい数理モデル(A new mathematical model of cellular movement)

2022-05-16 ペンシルベニア州立大学(PennState) 細胞が運動する際にどのように形を変えるかを記述する数理モデルによると、その運動は主に "ミオシン" と呼ばれる骨格タンパク質の収縮によって駆動されていることが示唆された。...
ad
タイトルとURLをコピーしました