イネの初期成長を促進する因子を発見

ad
ad
ad

グルコースと植物ホルモン「ジベレリン」を運ぶSWEET3aのイネ初期成育における機能を解明

2021-01-06 名古屋大学,理化学研究所

国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学大学院生命農学研究科の森井 南美 大学院生、杉原 諒彦 大学院生、生物機能開発利用研究センターの上口(田中)美弥子 教授らの研究グループは、理化学研究所環境資源科学研究センターの瀬尾 光範 ユニットリーダーらとの共同研究で、糖輸送体であるSWEETタンパク質のイネSWEET3aがグルコースとともに植物ホルモンの1つであるジベレリン(GA)を輸送し、イネの初期成長を促進することを初めて明らかにしました。

イネの初期生育の促進は、田んぼに直接種子を播くことで省力化をはかる「直播」という水稲生産技術において重要な課題の1つです。本研究は、直播栽培に適した育種への重要な鍵となることが期待されます。

詳しい資料は≫

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当

タイトルとURLをコピーしました