2022-06-11

生物化学工学

真皮中でコラーゲンを編み込んでいる「織姫」細胞の可視化に成功

2022-06-09 岡山大学,基礎生物学研究所 皮膚の研究は幅広く行われていますが、実のところコラーゲンを実際に皮膚の中で編込んでいる細胞はどの動物種でも明かされてきませんでした。コラーゲンの編み手となる細胞を明らかにしない限り、皮...
医療・健康

新しい技術でエボラ出血熱の迅速診断が可能になるかもしれない(Rapid Ebola diagnosis may be possible with new technology)

診断の迅速化により、致命的な感染症の発生を抑制できる可能性があります。 Faster diagnosis could help limit deadly outbreaks 2022-06-08 ワシントン大学セントルイス ワシントン...
細胞遺伝子工学

「サイレント」遺伝子変異の多くは中立ではなく有害である(Study: Most ‘silent’ genetic mutations are harmful, not neutral, a finding with broad implications)

2022-06-08 ミシガン大学 タンパク質をコードするDNA配列の点突然変異のうち、4分の1から3分の1が同義性(synonymous)である。遺伝暗号が解読されて以来、これらの変異は一般に中立であるか、ほぼ中立であると考えられてきた...
有機化学・薬学

より幅広い種類のペプチド薬を体内でゆっくりと放出する新しい送達方法(New delivery method allows slow-release of broader array of peptide drugs in the body)

2022-06-08 ミシガン大学 生分解性ポリマーを用いたマイクロカプセル化により、ペプチド治療薬などの薬剤を体内で時間をかけて放出させることができる。 ペプチドは、アミノ酸が短い鎖状につながった体内の分子で、メッセンジャーや成長因子...
生物環境工学

北米ではオオカバマダラの個体群が繁栄している(Monarch butterfly populations are thriving in North America)

2022-06-10 ジョージア大学 (UGA) 科学者たちは、冬のコロニーが減少しているためにオオカバマダラが大量に死滅していると警告してきた。しかし、ジョージア大学の新しい研究によると、オオカバマダラの夏の個体数は過去25年間、比較的...
医療・健康

新生血管形成のゲートキーパーとなる “Merlin”(“Merlin” serves as a gatekeeper in new blood vessel formation)

Merlinは、「先端」内皮細胞の形成に重要なVEGFR2の内在化を抑制している Merlin suppresses internalization of VEGFR2, which is important for the format...
細胞遺伝子工学

合成mRNAスイッチと磁気ビーズを活用した細胞の選別の新手法 ~短時間で大量の目的細胞の純化が可能に~

2022-06-10 京都大学iPS細胞研究所 ポイント マイクロRNA (miRNA)注1)に応答する人工メッセンジャーRNA注2)(miRNA応答OFFスイッチ)と磁気ビーズによる細胞選別方法(Magnetic cell...
細胞遺伝子工学

コヒーシン複合体による新たな遺伝子発現制御機構の一端を解明~希少疾患や白血病の原因解明の糸口に~

2022-06-09 東京大学 発表のポイント 遺伝子発現とクロマチンループ形成に重要な役割を果たすタンパク質複合体「コヒーシン」の新たな機能の一端を明らかにしました。 遺伝子の転写活性と負の相関を示す遺伝子内コヒーシン結...
生物工学一般

8 ヵ月の乳児も”悪者”を罰する前言語期乳児の道徳的行動を解明

2022-06-10 東京大学 【研究成果のポイント】 ◆ 8 ヵ月の乳児でも悪者を罰するような行動をとることを発見 ◆ これまでは計測不可能だった乳児の道徳的行動を、視線を用いた新技術により計測可能に ◆ ヒトが進化の過程でこ...
医療・健康

腎臓の造血ホルモン、プロの細胞集団が産生~腎性貧血治療に貢献する発症メカニズムの解明へ~

2022-06-09 京都大学,日本医療研究開発機構 概要 慢性腎臓病は、成人の8人に1人が罹ると言われ、患者の多くが貧血(腎性貧血)を発症します。腎性貧血は、腎臓の線維芽細胞(※1)でEPOを生み出す能力が低下し、赤血球が減少するため...
ad
タイトルとURLをコピーしました