2022-06-07

有機化学・薬学

新奇トリテルペン生合成経路を発見

2022-06-02 東京大学 テルペノイド化合物は、知られているだけで80,000以上の分子が単離されている天然物の一群であり、生物活性を持つ化合物が数多く含まれることから、医薬品候補化合物の探索ソースとしても非常に重要な化合物群の...
医療・健康

細胞にかかるストレスが、がんを発生させるしくみ~DNA の異常な修復を誘導する、タンパク質と RNA の「かたまり」~

2022-06-03 東京大学 1.発表者: 安原 崇哲(東京大学大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター 放射線分子医学部門 助教) 2.発表のポイント: ◆紫外線や低温刺激などのストレスにより、タンパク質と RNA か...
生物環境工学

深海底熱水噴出孔で始原的な微生物を発見~銅まみれの予想外の生態が発見の鍵~

2022-06-07 東京大学 高宮 日南子(地球惑星科学専攻 博士課程1年) 幸塚 麻里子(地球惑星科学専攻 特任研究員) 鈴木 庸平(地球惑星科学専攻 准教授) 発表のポイント 深海底熱水噴出孔は、生命誕生の有力候...
医療・健康

脳磁図の位相と振幅の同期度を用いたてんかんの自動診断

2022-06-07 大阪大学,日本医療研究開発機構 研究成果のポイント 脳波や脳磁図※1の位相と振幅の同期度合いは、様々な神経疾患のバイオマーカーになることがわかってきたが、非発作時のてんかん※2患者においては不明でした。 ...
生物工学一般

細胞がクラスターを作りながら動く仕組みを発見~がん浸潤や胚発生の理解に期待~

2022-06-07 金沢大学,北海道大学,日本医療研究開発機構 金沢大学ナノ生命科学研究所の奥田覚准教授と北海道大学電子科学研究所の佐藤勝彦准教授の共同研究グループは、立体組織中において細胞がクラスターを作りながら動く物理的な仕組み...
医療・健康

音の予測に前頭極―側頭葉ネットワークが関与することを発見

2022-06-07 山梨大学,日本医療研究開発機構 研究成果のポイント 同じ間隔で鳴っていた音が、予測外に鳴らなかったとき、脳の前頭極(注1)―側頭葉ネットワークが活動することを明らかにしました。 精神神経疾患では、予測...
細胞遺伝子工学

iPS細胞で人体への毒性物質をオールマイティに検出するStemPanTox

2022-06-07 京都大学iPS細胞研究所 ポイント 幹細胞に添加するだけで成人への毒性を持つ物質をAIで検出できるシステムを開発。 iPS細胞を用いて将来は個人の特性を反映した毒性検査ができる可能性。 1....
生物環境工学

ワイルドライフのワームワイドウェブ(Wildlife’s Worm-Wide Web)

種が寄生虫を共有する方法を発見することで、生態学的な洞察と実用的な情報を得ることができる Discovering how species share parasites provides ecological insights and p...
医療・健康

人工膝関節置換術が地球環境に与える影響(How a Knee Replacement Impacts the Planet)

故フレディ・フー博士の共著で、整形外科手術が環境に与える影響を検証する新研究を発表 New Research, co-authored by the late Dr. Freddie Fu, Reviews the Environment...
医療・健康

病院での感染予防に役立つ方法を科学者が考案(Scientists devise method to help prevent hospital infections)

カテーテルに微生物が付着するのを防ぐ新しい表面処理を開発 Novel surface treatment stops microbes from adhering to catheters 2022-06-06 ペンシルベニア州立大学(...
ad
タイトルとURLをコピーしました