2022-06-15

医療・健康

希少な突然変異の合流点(A Confluence of Rare Mutations)

コロンビアで神経変性疾患の原因となる希少な変異の状況を調査 Researchers survey the landscape of rare mutations behind neurodegenerative diseases in C...
医療・健康

テクノロジーの「依存症」や「障害」に対する懸念は不当である可能性があることが調査により判明(Fears over technology ‘addictions’ and ‘disorders’ may be unjustified, shows research)

デジタル技術の使用に関する現在の測定方法は、目的に合っていないと大学の研究者が述べています。 Current measures of digital technology use are not fit for purpose, say ...
医療・健康

幹細胞による黄斑変性症治療の効率化(Streamlining stem cells to treat macular degeneration)

2022-06-14 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) EPFLとカロリンスカ研究所の科学者たちは、加齢黄斑変性症などの眼疾患を治療するために、ヒト胚性幹細胞を網膜細胞に成長させるプロトコルをテストし、確認しました。 プロトコ...
生物工学一般

心臓のエンジニアリングの核心に迫る(Getting to the heart of engineering a heart)

ヒト幹細胞由来の臓器構成ブロックを用いてバイオプリントした心臓組織の機能層に、収縮力をプログラムできる新たな組織工学の可能性を発見 New tissue engineering capabilities enable researcher...
有機化学・薬学

免疫組織化学によるマレック病の新規診断法の開発

2022-06-15 農研機構 ポイント 鶏やウズラなどの家禽に腫瘍を起こし、養鶏産業に多大な経済損失を与えるマレック病1)は、類似疾病との鑑別が難しく、疾病予防対策のため正確かつ簡便な診断法が求められていました。農研機構は、マレック病...
生物工学一般

温泉女将の「おもてなし」を脳科学的に解明

2022-06-14 生理学研究所 内容 おもてなしとは、接客業における日本独自のこころがけのことですが、このおもてなしに関する脳活動の解明は未だ行われていませんでした。今回、生理学研究所の柿木隆介名誉教授らは、おもてなしに長けた温泉女...
生物化学工学

植物の精子形成におけるオートファジーの役割を解明

2022-06-15 基礎生物学研究所,東京大学,群馬大学 植物の受精といえば、花粉からのびた花粉管を介して精細胞が卵へと運ばれる様子をイメージされる方も多いでしょう。しかしコケ植物やシダ植物のように、泳いで卵を目指す精子を作る植物も...
医療・健康

AIが異なる言語間で自閉症の発話パターンを検出(AI detects autism speech patterns across different languages)

診断と病態解明の手がかりとなる画期的な発見 Breakthrough offers possible clues to diagnosis, understanding of condition 2022-06-14 ノースウェスタン大...
医療・健康

ナチュラルキラー細胞の免疫力を活性化し、がん細胞を破壊する新規薬剤コンボを開発(Novel drug combo activates natural killer cell immunity to destroy cancer cells)

抗がん剤が効かないとき、既存の薬剤を独自に組み合わせることで、標的になっていない免疫系を利用して闘いに参加できる可能性があります。 When cancer drugs fail, a unique combination of alrea...
医療・健康

アルツハイマー病の早期発見への進展(Progress on Early Detection of Alzheimer’s Disease)

2022-06-14 ヒューストン大学(UH) 1959年以来、蛍光色素チオフラビンT(ThT)は、タンパク質の自己集合によって生じるアミロイド線維を選択的に染色・同定するための「ゴールドスタンダード」として広く用いられてきた。しかし、T...
ad
タイトルとURLをコピーしました