トマトなどの虫害を天然物質で予防

ad
ad

薬剤抵抗性害虫が出ない防除技術の開発に期待

2019-05-08 農研機構

ポイント

農研機構は、ロリオライドと呼ばれる天然物質をトマトなどに与えると、重要害虫であるミカンキイロアザミウマやナミハダニなどによる被害が抑えられることを発見しました。ロリオライド自体には殺虫効果はなく、トマトなどが本来持つ害虫抵抗性を高めることで被害を抑えます。作物の害虫抵抗性を利用した害虫防除剤の素材として有望です。

概要

農研機構の生物機能利用研究部門は、作物の重要害虫であるミカンキイロアザミウマやナミハダニの防除にロリオライドと呼ばれるタバコ由来の天然物質が有効であることを発見しました。
これらの害虫の防除には主に殺虫剤が利用されていますが、単一の殺虫剤を使用し続けることにより、殺虫剤が効かない害虫(薬剤抵抗性害虫)が出現することが問題となっており、新しい防除技術の開発が望まれていました。
ロリオライドは、植物の害虫抵抗性を高めることによって被害を抑えます。害虫を直接殺す効果はないため、防除剤として使った場合、薬剤抵抗性が生じにくいと期待されます。
植物が本来有する害虫抵抗性を高めて被害を抑える薬剤(プラントアクティベーター1))は国内では実用化されていません。今後は、ロリオライドを用いた薬剤抵抗性が出にくい害虫防除剤の開発に向け、農薬メーカー等の民間企業との連携を目指します。

<関連情報>

予算:科研費「病害虫抵抗性におけるカロテン関連物質の重要性の解明」2013~2015年
特許:特許第6108548号

タイトルとURLをコピーしました