世界初・ナノサイズのpHセンサーを実現~生命の謎にダイヤモンドで迫る~

ad
ad

2019-09-24 量子科学技術研究開発機構

発表のポイント

  • 今回、ナノサイズの特殊なダイヤモンドにより、生きた細胞内部のpHのピンポイント計測が顕微鏡下で行えるナノ量子センサー1)を世界で初めて実現した。
  • 本技術により生きた細胞内部の状態の変化をモニタリングできるようになれば、がんやパーキンソン病のメカニズム解明、幹細胞2)の品質管理など、幅広い応用が期待できる。
  • 今回開発した手法はpH以外の多様なセンサーのナノサイズ化にも応用可能な基幹技術であり、生命科学への応用だけではなく新たな産業創出にも寄与が期待できる。

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長 平野俊夫。以下「量研」という。)量子生命科学領域 次世代量子センサーグループの藤咲貴大氏(京都大学大学院工学研究科博士後期課程学生)・五十嵐龍治グループリーダー、量子生命科学領域 物質量子機能化グループ・兼・量子ビーム科学部門半導体照射効果研究グループの小野田忍上席研究員・大島武グループリーダー、および量子生命科学領域 白川昌宏領域研究統括(京都大学教授)らは、京都大学と共同で、生命現象や細胞内環境を精密計測するための超高感度センサーとして注目される「ナノ量子センサー」を発展させ、ナノサイズのリアルタイムpHセンサーを初めて実現しました。

タイトルとURLをコピーしました