個々の細胞の糖鎖をプロファイリングする技術を開発 ~創薬や再生医療に貢献する1細胞解析技術~

ad
ad

2021-07-27 産業技術総合研究所,筑波大学,科学技術振興機構

ポイント
  • 1細胞ごとの糖鎖と遺伝子を同時にプロファイリングする技術を開発
  • 組織や臓器を形作る個々の細胞の糖鎖をプロファイリング可能
  • 希少細胞を標的とした創薬や再生医療用細胞の品質管理への貢献に期待

産業技術総合研究所(理事長 石村 和彦、以下「産総研」という) 細胞分子工学研究部門(研究部門長 宮崎 歴) 多細胞システム制御研究グループ 舘野 浩章 研究グループ長、箕嶋 文 テクニカルスタッフ(研究当時)、小高 陽樹 研究員は、筑波大学(学長 永田 恭介、以下「筑波大」という) 医学医療系生命科学域 バイオインフォマティクス分野 尾崎 遼 准教授と共同で、1細胞の糖鎖と遺伝子を同時にプロファイリング(特徴を抽出)する世界初の技術を開発した。

DNAバーコードを導入した糖鎖結合たんぱく質(レクチン)を複数用いることで、細胞の目印である糖鎖と、細胞の性質を示す遺伝子を、次世代シーケンサー(DNA解読装置)で1細胞ごとに同時プロファイリングする技術を開発した。本技術は疾患の原因となる希少細胞を標的とした治療薬の開発や、再生医療に用いる細胞の品質管理を始めさまざまな生命医学研究への貢献が期待される。

なお、この技術の詳細は、近日中に国際学術誌「iScience」に掲載される。

本研究は、科学技術振興機構の研究成果最適展開支援プログラム (A-STEP) 産学共同(育成型)、および戦略的創造研究推進事業 (さきがけ) 「統合1細胞解析のための革新的技術基盤(2016~2019年度)」による支援を受けて行われた。

詳しい資料は≫

<論文タイトル>
“Integrated analysis of glycan and RNA in single cells”
DOI:10.1016/j.isci.2021.102882
<お問い合わせ先>

<研究に関すること>
舘野 浩章(タテノ ヒロアキ)
産業技術総合研究所 細胞分子工学研究部門 多細胞システム制御研究グループ 研究グループ長

<JST事業に関すること>
星 潤一(ホシ ジュンイチ)
科学技術振興機構 産学連携展開部 研究支援グループ

<報道担当>
産業技術総合研究所 広報部 報道室
科学技術振興機構 広報課

タイトルとURLをコピーしました