血液の分解産物ビリルビンが植物で作られることを発見~植物の効率的な光合成に寄与している可能性~

ad
ad
ad

2023-06-08 宇都宮大学

宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センターの児玉豊教授(兼:理化学研究所環境資源科学研究センター客員主管研究員)の研究グループは、岡山大学学術研究院医歯薬学域の石川一也助教(研究当時:宇都宮大学同センター特任助教)、宇都宮大学同センターの謝肖男准教授、大崎益秀氏(元:宇都宮大学大学院生)は、理化学研究所脳神経科学研究センター・光量子工学研究センターの宮脇敦史チームリーダー、京都大学大学院工学研究科の沼田圭司教授(兼:理化学研究所環境資源科学研究センターチームリーダー)と共に、動物の血液分解時に産生されるビリルビンが、植物でも作られていることを明らかにしました。
本研究成果は、6月8日、学術誌「Science Advances」に掲載されました。


動植物におけるヘム分解経路とビリルビン産生

プレスリリースの内容はこちらをご覧ください。

【お問い合わせ】
バイオサイエンス教育研究センター
児玉 豊 教授

タイトルとURLをコピーしました