統計物理のレプリカ対称性が解き明かす表現型進化の拘束と方向性

ad
ad

進化における確率的表現型発現の重要性

2020-05-25 情報・システム研究機構,東京大学
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所(所在地︓東京都立川市、所長︓椿広計、以下「統数研」)の数理・推論研究系 学習推論グループの坂田綾香准教授と東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系の金子邦彦教授が、生命システムにおける表現型空間の進化について、統計物理学のモデルを用いた数学的理論を開発しました。

詳しい資料は≫
タイトルとURLをコピーしました