iPS細胞から作製した心筋細胞シートの医師主導治験の実施~重症心筋症の治療に向けて~

ad
ad

2020-01-27   大阪大学,日本医療研究開発機構

ポイント
  • iPS細胞からヒトに移植可能な安全性の高い心筋細胞を大量に作製、シート化することに成功。
  • iPS細胞から作製した心筋細胞シートについて、重症心筋症の患者さんを対象としてヒトへの移植に関する安全性及び有効性を検証する医師主導治験を実施(第1例目の被験者に移植を完了した)。
  • 深刻なドナー不足である重症心不全に対する新たな治療法として期待。
概要

大阪大学大学院医学系研究科の澤 芳樹 教授(心臓血管外科)らの研究グループは、日本医療研究開発機構(AMED)の支援のもと、iPS細胞※1から作製した心筋細胞による心筋再生治療の開発を進めてきました。これまで、澤教授らの研究グループは、虚血性心筋症※2で心臓の機能が低下したブタにiPS細胞から作った心筋細胞をシート状に加工して移植する研究を実施し、心臓の機能を改善させることに成功しています。さらにiPS細胞からヒトに移植可能な安全性の高い心筋細胞を大量に作製し、シート化することに成功しました。昨年、厚生労働省/医薬品医療機器総合機構※3に医師主導治験※4計画届書を提出し、2020年1月に第1例目の被験者にiPS細胞由来心筋細胞シートを移植しました。

タイトルとURLをコピーしました